足跡


020723
いよいよ今日ハワイを発つ。
寂しさと新しい旅に発つ期待感で、ドキドキワクワク。
必ずここへ帰ってくると手を振る人に笑顔で応え。by Reiji Matsumoto?

今までハワイでお世話になった人々や会社の従業員たちに別れを告げ、一番大事な宝物と供
にHNL to ORG。多少もめたもののアップグレードでファーストがとれたので飲み放題でよく眠
れ、8時間の飛行時間を感じずにシカゴ到着。

020724
シカゴ初日。
一日中、車探し。最後の店の近くに宿を取り、就寝。つかれた。

020725
今日は、キャンパー探し。何件か回ったところで、ついに夢に見ていたのと全く同じタイプのキ
ャンピングトレーラーを発見!条件は完璧、でも新車だという。
値段は$23,000。 ねばって$18,500に。即決。予算オーバーだったがこれから二人が
生活する家、妥協はしたくなかった。
ホテルの近くに、”乾杯”という日本食レストランを発見し、晩飯をとる。シカゴの町から割と離
れているのに、絶品。ワイキキのまずいレストランなんかよりも全然おいしい!明日も行こう。

020726
今日は一日車探し。昨日買ったキャンパーを引けるようなトラックを探して奔走。毎日100マイ
ル以上走っている。数件の中古車屋に電話をし、10件以上のディーラーを回り、条件にあった
車は3台のみ・・・。ホテルに戻ってインターネットに出ている中古車をチェックして明日に備え
て就寝。今日のシカゴは蒸し暑かった。

020727
朝から雨。よけいにジトジトと暑い。何件か電話で確認したあと、かなり南にある店まで出かけ
るが思った程良くなかったので今度は北上しながらディーラーまわり。ようやく気に入ったのが
見つかり、いそいそとトレーラー屋に確認の電話。結局ボツ・・・。その後候補になりそうなもの
を見つけたが時間切れでしまっていた。明日は日曜日でみんなお休み、月曜までお預けであ
る。
本日の走行距離178マイル。

020728
日曜日である。町に出かけてびっくり!ほとんどの店がお休みだった。もちろん車屋も休み。
仕方がないのでその他必要なものを買いにちょっと出かけてすぐホテルに戻ってきた。
本日の走行距離10マイル。

020729
連日の車探しに疲れ、Auroraという町で3日ほど前に見つけた妥協線の車にしようと半ばあき
らめ気味で試乗。そしてその車はあろう事か試乗の途中で、エンジンがかからなくなる・・・・。
当然ボツ!
ところが、その向かいにあった車屋でなんと完璧な Dodge Ram2500 V10 8.0Litter を発見!ほ
とんど値引き交渉もせずに即決!二人の車運の良さを改めて認識する。
本日の走行距離116.5マイル。

020801
いよいよ今日トラックにRVを接続。と、その前に、ハワイから送った荷物を受け取りに今回初
のシカゴ市内へ!連日100マイル以上を走りながら、一度も市内へは行っておらず、ちょっと
楽しみにしながら向かったが、結局大都会の雰囲気を味わえずに通過。無事荷物を受け取り
意気揚々とRVのおいてある店に行くと、今日中には出来上がらないと言うことで再びがっく
り・・・。明日には受け取りとなりそうだ。本日の走行距離125マイル。

020802
今日から始まるFreeFallConventionに何とか間に合う様に出来上がった我が家!午後3時に
引き取りに行っていよいよ出発!新しい生活の第一歩を踏み出した。5th wheel のトレーラー
を初めて引きながらFree Wayにようやく乗って快適に飛ばしていたところ、思わぬ大事件が発
生!!なんと途中でウォータータンクが落ちた!!しかも高速のど真ん中で・・・つまりトレーラ
ーの底が抜けてしまったわけ。仕方なく途中で止まってRV屋に電話をかけるが営業時間終
了。留守電に入れても音沙汰なし。その日はタンクをロープで固定してゆっくり走り、何とか近く
の町まで行ってRVの中で就寝。初の我が家の第一日目の終了となった。

020809
We went to the movie today for "XXX".
It's the opening day of the last movie that Harry O. acted.
It was pretty goood spy action movie, we got entertained.
I thank they didn't waste the scene that he bet his life.

I've been trying to get his number long time since he got be my partner together.
When he has the 6,000, I had the 4,000. When he got 7,000, I had 6,000.
I almost catch him.
020404 was the day he stopped making more.
Fuck him! Now I never beat him anymore.
God bless for my BIG BRADdAR.

020811
Rantoul 最終日。 "See you next year" を合い言葉に帰途につく人々。今年は天候にも恵ま
れ、大きな事故も少なく ( Two fatalities and some injuries )、新開催地でのスタートとしてはま
ずまずの出来。詳しくは、Illinois のページへ。夕べ、フードテントで、地元のおじさん達と友達に
なり、来年私たちが来たら一緒に飛ぶ(タンデムですが。)と、約束。来年も必ず来なくて
は・・・。

020814
Skydive Chicago 初ジャンプ。神田さんあけみさん来宅。

前夜より Illinois State Park 泊。東枕Heading 087゜。

020815
久しぶりに日本人グループと再会。今日は風が強かったために何人かはすでにジャンプを終
了していた。その夜、スカイダイブシカゴの人たちと一緒に食事に行き、50¢のビールと$1
のハンバーガーを楽しんだ。その店は地元では有名な格安レストランらしい。こういう情報はい
つでもありがたいものだ。そして夜中雷鳴轟く嵐となった。

020816
日本人グループ最後の夜。あいにくの天気でジャンプはできなかった。最終日になって我が家
には9人もの人間がひしめき合った。こんなに人が入ったのは初めてだ。その夜、みんなでタ
イ料理屋に食事に行った。Ottawaの町にこんなにおいしいお店があることがわかりちょっとう
れしい。明日は早朝3時にここを出発する人たちもおり、早々に分かれた。明日以降日本人は
0。寂しくなる・・・一人くらい飛行機に乗り遅れてくれれば・・・。

020820
ハワイを出発して初めて本格的に買い物に行ってきた。目指すはシカゴの日本食材スーパー
マーケット。調べてみてびっくり、場所は最初に滞在していたホテルのすぐ隣町だった・・・。現
在滞在している町からは車で約1時間。ハワイにいた時とそんなに変わらないが、走行距離は
倍以上だ。今回行ったのはヤオハンプラザ。日本のスーパーと変わらない品揃えで楽しかっ
た。フードマートでお昼を食べ、(もちろん和食の定食を楽しみ)買い物をした。今後どこの町に
日本食スーパーがあるのかわからないので、とりあえず買いだめをしてきた。やはり日本の食
材は優れている。本日走行距離 190.5マイル。

020826
昨日ハワイからナンバープレートが届き、ようやく大手を振って移動ができるようになった。そし
て今日は早速 Wisconsin に移動した。最初の予定では Iowa に行く予定だったが、週末し
かDZが開いていないため来週に延期。それまでにもういくつか回る予定でいる。本日走行距
離140マイル。

サテライトを買った。セットアップ完了。Dish Network に電話をかけ、ハワイを出て1ヶ月余り・・
ついに日本語放送を見ることが可能となった。これで前と同じ家庭内日本の完成。だから英語
が上達しないんだと、言われてもやはり日本語はうれしい。全米中を旅行しながらでも日本の
ニュースが見られる。最近で一番うれしい出来事だ。
020828
朝から大移動。今日中に Minnesota まで行く。地図上で大まかな距離を測ったところ、約200
マイル。しかし現実には310マイルであった。朝10時半に Wisconsin を出発し、途中昼の休
憩を1時間とっただけですぐに出発。Mineapolice の南10マイル、 Mystick Lake のRVパーク
にたどり着いたのは夜8時近くであった。超高級キャンプグランドを気に入って、一応3泊する
つもりでチェックイン。本日走行距離386マイル。今までで最長だ。

020830
ハワイのナンバープレートでこの辺を走っていると困ることが一つ。
とにかくどこのガソリンスタンドに行っても、どこのRVパークに泊まっても、
「おメさん達それでハワイから来たンけェー!どこにスクリューついてンだ?」
とお決まりの質問をされること。そしてお決まりの答えは、
「いや海底トンネルで来たんだ。」
でも、高速で抜いていく人々には、もっと閉口する。
まず、助手席の人が両手をパーにしながらバンザイをし、運転席の人の肩をバンバンバンッと
たたきながら、うちのナンバープレートを5,6回指さす。
「Look at that! They from HAWAII with that camping trailer!」
たぶんそんなことを言っているのだろう。運転席のオッサンは身を乗り出して手を振り、後席の
子供達がその後延々と手を振る。何台も。何台も。・・・ちょっとパレード気分になれるカモ。

そんなこんなで、今日は、 Skydive Hutchinson に行ってきた。
お気に入りの Mystick Lake に”家”を置いてそこからは1時間ほどの道のり。ところが着いて
みると、誰もいない。
鍵のかかっていないハンガーに入っても、セスナが2機と太った猫( ”Shar” 、メス、4歳 ;と、
後から聞いた)が一匹いるだけ。
ハンガーから出てぐるっと回ってキングエアーが置いてあるランウェイ側に出ると、そこの家か
ら出てきたオッサンが、
「おメーらなんかヨーか?」
「飛びたいんですけどー?」
「今週末は、みんなアイオワのブギに行っちゃっていネーから、クローズだァッ。」
ここのオーナーの Tim だった。その後DZの色々な設備を親切に案内してもらい、アイオワの
ブギの場所を教えてもらって、明日はその Couch Freaks Boogie に行くことを決意、”家”に帰
り明日の早朝出発に備え、早めに就寝。

020831
Iowa に移動。朝5時半に Minnesota を出発。予定では200マイルちょっとのはず・・・。走り始
めてすぐのレストエリアで早くも休憩。ドライバーが二日酔いのためである。そこからの距離18
0マイル。何とか9時半過ぎに目的地の Fort Dodge に到着。昨日、宿泊を予定しているキャン
プサイトに電話したところ、予約は取れない、現在はいっぱい、週末だから空く確率は低い、と
の返事だったのであきらめ半分、ドライキャンプ(電気水道なし)のつもりで向かった。途中多く
のキャンピングトレイラーとすれ違い、もしや空きが出たのでは!!と期待に胸を膨らませ、足
取り軽くキャンプ場へ。今までも十分運が良かったのだが、この時も幸運なことに Full Hook
Up が1台だけ空いていた。すぐさまそこに停めてチェックイン。それから会場となっている飛行
場へ向かった。詳しくは Iowa のページをご覧下さい。 ここでも懐かしい顔ぶれに出会い楽し
いブギになりそうだ。

020905
ブギが終わって、すぐに移動。なぜなら前回まで泊まっていたサイトは、GPRSはもとより、携
帯すら通じないネットワークの孤島、メールすらチェックすることができない。
そして今日、3日間の奮闘の末やっとGPRSが開通した。常時接続、ADSL並のスピードのは
ずだったが、なぜか体感では、56Kぐらい。Bluetoothのポートがボトルネックか?
Story City, Iowa; Whispering Oaks Campground。もう2,3日はここにいることになる。
020907
未だに Iowa にいるが、今日ようやく Minnesota のDZに行って来た。平日何度電話しても誰も
出ず、週末まで待っていてようやく飛ぶことができた。(詳しくは Minnesota のページをご覧下さ
い)ここまで良いペースで旅を続けてきたのに、Iowa で足止めを食らって1週間。ようやく次の
州へ移れる。本日走行距離 285マイル。

020908
Illinoisに移動。ここは前回通ったが、この後 Indiana に行くのでしょうがない。ほぼ通過のつも
りでいるが、ちょうど Skydive Chicago で Nationals をやっているのでちょっと友人達に挨拶し
てから次の地へ。本当は Geneseo に宿泊の予定だったが、急遽 Joliet に変更。Jolietは何度
か行っているので、すでにちょっと懐かしい。本日走行距離 355マイル。大移動となってしま
った。

020910
昨日また Skydive Chicago に顔を出して今日は一日買い物。この後しばらくは日本食にありつ
けないので大量に買い込んできた。そしてもう一つ、前々から考えていた Wind Deflector を買
ってきた。これは風の抵抗を30%カットする物で、5th Wheel には有効と言われている。取り
付けようとしたら雨が降ってきてしまったので、明日の朝取り付けてから出発。どんな結果が出
るか楽しみだ。

020912
今日の予定は Skydive Indiana に行くこと。現在いるところから約30分の道のりだ。意気揚々
と出かけてみれば、すでに潰れて無くなっていた・・・。飛行場にいた人に聞いたところ2ヶ月前
に全てを売り払ってDZを引き上げてしまったらしい。USPAのホームページでチェックして行っ
たのに・・・。しょうがないから今日は Indy 500 で有名な Indiana Speedway を見学しに行って
来た。これはこれで面白かったけど・・。ま、たまには観光もいっか。

020913
Michiganに移動。Indianaが終了していないので、ここからまたこの近くのDZへ行くことになる。
Michiganには1週間滞在の予定なので、ここを本拠地にあちこち行く予定だ。今日は13日の
金曜日。移動してきたキャンプ場は池のすぐ隣のキャンプ場。なんだか映画を思い出す。T.Vで
「13日の金曜日」をやっていないかと探したが見つからない。残念・・・。
本日移動距離268マイル。Michiganの道の悪さには閉口した。

020918
先日買った5リットル箱のキャベルネソービニオン(まずい)がやっと終わって、今夜は久々に
バーボンである。
ウチの2階は天井が低い。ご存じのように通常ほとんどの 5th Wheel キャンパーは、Bowing
747 ジャンボのような前方の盛り上がった部分が寝室となっている。はじめの頃は身長154c
mのつるちゃんでさえ天井に頭をうっていた。182cmの奴はもっとである。
そのせいか(酒のせいか)どうかはわからないが、キャンパー生活をしていると時々自分が今
どこにいるのかわからなくなる。
朝起きると、当然同じウチ、同じいつものベッド。ただ、窓の外を見ると山だったり、川だった
り、はたまた森だったりする。
「はて、ここはいったい何州のどこだろう」と前夜の記憶を呼び覚ますことが、朝の日課となる。
今いるここは、湖畔というよりはただの池の畔なのであるが、その静かさと雰囲気が気に入っ
て、もうしばらくはいるだろう。結局”ジェイソン”は出なかったが・・・。

020920
天気が悪い。ここ2,3日ずっと雨。今日も朝から天気をチェックしてしょうがないから観光へ行
った。ちょっと Canada に行ってきた。久々の外国旅行、と言ってもホントに”ちょっと”である。
知っている人は多いと思うが Detroit はエリー湖の端をくぐる湖底トンネルと橋で Canada に通
じている。Detroit は唯一 U.S.A. から Canada を南に見ることができる町だ。ちなみに海外旅
行ではなくて”湖外”旅行である。湖を渡ったらそこは Canada だからだ。
ところがこの計画何度も挫折しそうになった。何しろひどい豪雨で、前を走っている車のテール
ランプすら見えないほどで、アメリカ生活の中で私たちは傘という物を使ったことがない。それ
故持っていない。その為、ちょっと店に入った間に雨が止んでいなければ中止しようという結論
に達した。運良く雨が上がったために行ってみることにしたのだ。
トンネルを抜けるとそこはカナダだった。
緊張したのが Custom である。いつも感じるのだが悪いことはしていないのになぜだか緊張す
るのはなぜだろう。でも今回は”ドライブスルー”の Custom である。車まで持ち込んでしまった
のでハワイナンバーの車は職員の質問責めにあった。結局対岸から Detroit の町を眺めてす
ぐに帰ってきた。
帰りには調べておいた和食居酒屋に寄り、大満足の1日であった。この居酒屋三平は私たち
以外に日本人の客は誰もおらず、外人ばかりだったのが印象深かった。

020922
Ohio に移動。今回の場所でも1週間滞在する予定だ。この間に何カ所か用事を済ませておき
たい。Ohio に入ってすぐに有料高速道路を利用するのだが、これは Illinois のとは違って、日
本の高速道路を思い浮かべて欲しい。入り口でチケットを受け取り、出口で払う。チケットには
車のランクが色々と記入してあるのだが、トレイラーはどれに属するかちっともわからない。10
0マイルくらい高速を利用してもたったの$5.15で済んだ。ちなみに Freeway とは違って途中に
サービスエリアならぬサービスプラザもあるのでガソリンを入れる度に降りなくても良いのが便
利である。本日移動距離230マイル。

020929
Pennsylvania に移動。今日は日曜日。昨日 Aerohio Skydiving Center に行ってきた。本当に
ここの人たちは皆フレンドリーでいい人ばかりだ。後ろ髪を引かれながら Pennsylvania へ。
今日は Skydive Pennsylvania で飛んだ後さらに移動しなければならないので忙しかった。
DuBois の町でキャンプ場に入った。本日走行距離201マイル。

020930
この旅2度目のカナダへ行って来た。最初の目的ではカナダに行くかは決めかねていた。実は
ナイアガラの滝を見に行ってきたのだ。ちなみにナイアガラの滝は New York 州とカナダ・オン
タリオ州の間に架かっている。最初は American Falls だけの予定だったのだがどうしてもカナ
ダ側から見たくてついに国境越え。行って良かった。
アメリカ側で滝のすぐ下にまで行ける船に乗り滝を見学。滝壺のすぐ近くまで行くと土砂降りの
ようにしぶきを浴びる。そしてカナダ側で滝の裏側を歩けるトンネル通路に行った。裏側から見
る大瀑布には恐怖さえ感じる。
Ohioでカナダ側からの眺めの方がいいと聞いていたのだが、まさにその通り!日光の加減も
あるが、カナダ側からの眺めの方が絶景だった。よくテレビで見るナイアガラの滝はカナダ側
からの映像ばかりだと感じた。ちなみにカナダ側にはアメリカ側より日本人観光客が沢山い
た。是非一度行ってみることをお勧めしたい。本日走行距離376マイル。

021001
New York 州へ移動。皆さんが考えているような大都会の New York ではないまだまだ山の中
のDZ近くの町。Pennsylvania からの山道には参った、参った。途中、赤鬼と青鬼に阻まれて
の走行で(これは同じ型のトラックで、色が赤と青で2台でつるんで走っていたので二人でそう
呼んでいた)ブレーキを踏まされたり、追い越しできなかったりと大変な道中だった。
妙に遅い車がいたり(この運転者は江頭2:50に似ていた)、ただ思ったより早く到着できたの
がせめてもの救い・・・。ところがキャンプサイトに着いてみると今度は木が沢山あってサテライ
トが入らない・・・。日本語放送が見れない。明日なんとかいい場所を探してみようと言いつつ日
が暮れていくのであった。本日走行距離311マイル。

021004
今日はキャンプ場から出ている観光バスツアーで1日
New York ・ Manhattan 見物。Ground Zero を通り、自由
の女神からWall Street, Times Square, Empire State
Building, という名所と呼ばれている場所に行って来た。本
当は国連ビルも見学の予定であったが、昨日、銃撃戦が
あったのでこれはお流れになった。ちょうどハリケーンがル
イジアナで暴れており、そのせいで天気が悪く、眺めはあ
まり良くなかったが、自分の車で行かなかったのだけが救
いである。交通量の多さと渋滞にただバスに乗っているだ
けでも疲れた。ウチの車は長さも幅も大きいのであんな渋
滞の中へ入っていくことを考えると寒気がする。
キャンプ場から出ているツアーなので乗っているのはかな
りお年を召した方ばかり・・・。動きはゆっくりだがみんな時
間に正確で5分前には集合している。1度なんて3分前に
行ったらすでに全員集まっており、私たちが最後だった。
それ以降7分前行動をとるようにしていた。 
英語のツアーなので、途中日本人のツアーに紛れ込もうか
とも話して二人で笑っていた。
   
    いかにもニューヨーク観光
帰り道には”捕り物”をしている場面に出くわした。(バスの中のご婦人によると)ずいぶんと走
って逃げてきたらしい犯人は、全員がバスの中から見守る中、無事(?)逮捕されていった。
約12時間のツアーバスに乗っている時間の方が長かったがそれなりに楽しかった。

021007
Massachusettsに移動。New York から Connecticut を横断して来た。この辺りの州は大変小
さいので1ヶ所に拠点を置いて周辺の州を回るつもりだ。しかし今週末が Columbus Day の
為、どこのキャンプ場も空いておらず出発前から苦労した。シーズン的にもうクローズしている
キャンプ場も多く、ようやく見つけたところも残り1サイトのみだった。しかもやれやれとサイトに
着いてみると今度は車が壊れてバックができない・・・。サイトに入れない。いったん5th wheel
をはずして今度は修理工場探し。結局日が暮れてしまったので明日出直すことに。いろいろあ
った1日だった。本日走行距離197マイル。

021011
ウチのラムちゃん(トラック Dodge Ram をつるちゃんはそう呼んでいる。)は、思っていたよりも
重傷らしく1週間の入院。Repair cost $2000。しばらくはレンタカー生活になる。その上、雨で、
近隣6州のDZはクローズ。飛べない日が続く。現在いるキャンプサイトは、携帯は全く入らな
い、ということはインターネットに接続できないので、メールすら見ることができないという情報
座敷牢状態。サテライトでTVJAPANが見れるのがせめてもの救い(ただし、NHKのみ)。今
日は1日中テレビを見ていた。というわけで本日走行距離0マイル。

021012
朝から雨のキャンプ場。ゆっくりと朝食をとり、Vermont に電話してみると飛んでいるという。そ
れなら早速向かうべし。というわけでDZまで行ったのだが、予定ではこの週末に何カ所か回る
予定でいる。その中で一番遠いのが Vermont。せっせと雨の中車を走らせること4時間ようや
く到着。多少の雲はあるものの飛ぶことができた。その後今度は New Hampshire で1泊し
Maine まで行く。ところが New Hampshire はほとんどモーテルがない。その為暗くなってからあ
ちこち走り回り午後10時頃になってようやく1部屋だけ空いていたホテルに落ち着いた。今日
は大変疲れている。
本日走行距離360マイル。

021014
ようやく澄んだ秋晴れの日となった。Maine 州でようやく飛べた。しかし今日は風が強い。
12000ftでは54Knotあり、地上ではだいたい20から25Knot位だがすでにDZでは、Cライセンス
以上と制限付きで許可を出していた。その後、移動して念願の Masachusetts へ。 1日3州ジ
ャンプを目指す。しかしこちらは風があまりにも悪くて中止となっていた。残念・・・。本日走行距
離142マイル。

021016
祝ラムちゃん退院!修理屋さんの話によると、やはり、オーバードライブの使い過ぎだったらし
い。燃費を節約して、思わぬ大出費。これからは、無理はさせずに、いたわってあげよう。

021017
Connecticut に移動。結局前回の場所に10日間もいたのに6州全部が終わらなかった。この
周辺で残すは Connecticut と Rhode Island。場所を移動して南下しながら飛びに行く予定だ。
Connecticutに来たらすごく暖かい。ちょっと南下するだけでこんなにも違うものかとびっくり。
早速DZにも行ってみたが天候がすぐれず飛べず・・・。本日走行距離210マイル。

021020
ついに Rhode Island で飛べた!これで北東部6州が完了。やっと南下できる。寒いのはいや
だー。本日走行距離157マイル。

021021
New Jersey に移動。ようやく北東部6州で飛んで南下を開始した。途中道の悪い高速道路
や、マナーの悪いドライバーに何度も怖い思いをしながら何とかたどり着いた。南下を開始した
とはいえここはまだ寒い。早くもう少し南に行きたい。本日走行距離260マイル。

021024
Delaware に移動。移動日和りと言うか朝から天気が悪い。最初の予定では110マイルくらい
のはずだった。が、行ってみればキャンプグラウンドに空きがない。しかたなくDZにあるフック
アップを求めてDZへ。しかしそこは電気のみで水道すらない・・・。しかもDZの人によると天気
が3日間は悪いという話。滞在が長くなる場合、水道なしはかなりきつい為、他を探すことにし
た。ディレクトリーを見ても近所にはキャンプ場はない・・・。今度は地図にただマークのみある
キャンプ場を探してダメもとで行ってみることにした。途中お店で尋ねたが3人中2人は知らな
かった。残る1人が教えてくれたキャンプ場は道路沿いにある看板のみが広告という小さい所
だったが Full Hook Up もあり、料金も安くすんだ為不幸中の幸いといえる。
本日走行距離176マイル。予定より随分オーバーしたがようやく落ち着けた。

021025
観光日和。つまり、天気が悪くてジャンプができないということ。
というわけで、Washington D.C. に行って来た。
ガイドブックも何もなしにただ地図のみを頼りにめぼしいところ
をまわろうと相変わらずの行き当たりばったりだ。
でも、必ず行かなくてはと思っていたのは U.S.P.A.。D.C.の近くな
ので友人を訪ねるつもりだった。しかし行ってみれば友人は昼
食後、早退の日。運が悪い。それではと目指すはホワイトハウ
ス。しかし、地図を見ているにもかかわらずナビゲーターの悪い
指示にて道に迷う。ペンタゴンの巨大さに感動しているうちに間
違えてしまった。大した迷いではなかったのですぐに修正。ホワ
イトハウス前の駐車場に車をおいて歩いて観光。
途中雨も降り出し、寒い中目的だけは果たして帰路についた。
本日走行距離270マイル。
                              例によって、観光写真 ->

021027
この週末で、Maryland, Delaware の両方で飛ぶことができた。この2つのDZは車で15分くらい
の所にあるため上空からは両方のDZを見ることができる。そのためか聞いたところによると
仲が悪いらしい。両方とも広くていいDZだ。週末のお天気のおかげで、火曜日にはさらに南下
する事ができる。次の目的地は Virginia だ。

021029
Virginia に移動。今日は移動日和だった。と、言いたいところだがこの旅初めて雨の中の移
動。後ろに大物を引っ張って雨の中行くのは大変だった。せめてもの救いは山岳地帯でなかっ
たことだ。今日は大幅にショートカットした気になる海の上の橋を使用して移動。天気が悪かっ
たので景色的には楽しめなかったが、見渡す限り海の真ん中を走って来た。
本日走行距離173マイル。

021101
昨日までの雨で足止めを食らっている。ようやく晴れた今日、DZへ行ってみた。誰もいない・・・
こんなにいい天気なのになぜ?電話をしてみると飛行機のメインテナンスでお休み・・・しょうが
ないから少し離れた(と、言っても100マイルくらい離れた)DZへ電話。そこもお休み・・・。明日
は”家”をしょってDZへ行きその後移動する。明日中に North Carolina に行かなくてはどんど
ん予定が遅くなる。この時期こんなに雨が多いとは思わなかった。天気が悪いとスカイダイバ
ーは何もすることがない。

021102
朝から”家”を背負ってDZへ。ようやく飛べた。かれこれ5日間も Virginia で留まっていた。
飛んだ後はいよいよ Notrh Carolina に移動。距離的にはそんなに離れていないが、早めに出
発して夕方には到着。移動した後は、生活するための準備がいろいろとあるので夜にはなりた
くない。周りの樹木を見るとやっと何とか紅葉前線を追い越した気がする。
本日走行距離143マイル。

021104
昨日 North Carolina で飛べ、そこのオーナーの Nancy さんの紹介で South Carolina のDZ
へ。ここのオーナーの Wally さんは、月曜日、火曜日は休みなのに僕らのためにわざわざセス
ナを飛ばしてくれると言う。ただ今日は天候が悪く、結局飛べず。DZにキャンパーを止め、近く
の Charleston にて観光。明日の晴天を祈りつつ就寝。本日走行距離323マイル。

021106
未だに South Carolina にいる。本当なら今日には Florida に到着していたはずなのに・・。今
朝まで大雨が降っていたために足止めをくっている。晴れたと思えばものすごい風で飛行機が
上がらない。しょうがないから結婚式用の買い物に行った。そこでまたしても停電に遭遇。原因
は強風のため電信柱が倒れたらしい。明日には Florida に向けて出発したい。

021107
ついに Florida に移動。今日は長い道のりだった。朝早く起きて South Carolina でのジャンプ
に備えて待つが、パイロットが見つからず、結局飛べたのは午後2時半。今日中に移動するた
めにパックもせずにトレーラーにギアをつっこみ出発。「 Florida までは5時間くらいだから大丈
夫よ」とこっちの人は5時間の移動を軽く言う(10時間くらいの移動でも簡単に言うが)。張り切
って出発したものの移動予定距離は、約400マイル。本当にたどり着けるかが心配だった。
3時に出発して、途中1時間の休憩を入れて、到着したのは夜10時。バンザーイ!!ついに
来た Florida 。しかし暗くなってからの移動だったので景色は何も見えず・・・。これからしばらく
はFlorida にある多くのDZをまわる予定だ。
しかし、東京あたりから一気に沖縄くらいまで南下してきたのに結構寒い。真冬になったらもっ
と南下して Miami 辺りに本拠地を構えたい。
本日走行距離397マイル。自己最長を記録。

021108
今日久しぶりにヨシに会ってきた。ご存じ Florida にいる日本人インストラクターだ。彼がハワイ
を去って以来なので、再会はほぼ3年ぶりになる。現在も Space Center で飛んでいる。彼の
仕事が終わってから家におじゃまして、これまでのつもる話に花が咲き、結局一晩泊めてもら
った。今日は久しぶりに都会の町中を走って疲れた。Florida は車が多い・・・。

021109
Bob Byrne と Chris の結婚式。偶然にも、キャンプグラウンドから、3マイルぐらいのところが、
彼らの自宅。近くて良かった。そこで昔ハワイで一緒に飛んでいた友人、数人に再会。そのう
ちの一人は現在 Orlando の Wind Tunnel で働いている( Geoff Grizzard )。湖畔に建つ彼らの
自宅の庭で行っただけあってアットホームなパーティーだった。

021110
朝起きて Marathon Key に向けて出発。KeyにはDZが一つだけあるがそこでは Up Jumper
はもう4月まで飛べない。そうなると Key で飛ぶチャンスがなくなるので現在開かれている
Skydive Sebastian 主催の Marathon Key Boogie にあわてて参加する事にした。5時間半の
道のりを飛ばして行ってみると、天候が悪く本日終了となっていた。チャンスは明日の朝のみ
だ。しょうがないから先端の Key West まで行ってきた。ここはメインランド最南端だ。海の上
の橋をいくつも超え、キューバまで90マイルという所である。さすがに観光客が多かった。本日
走行距離470マイル。一気に自己最長を更新。

021111
ブギの最終日の今日は午前中で終わりになるので、朝からしっかりと飛びに行った。だいぶ人
数は減っているように見受けられたが、それでも賑わっていた。やっぱり Florida はあったか
い。久々にグローブなしのジャンプだった。
いろいろな所から来ている人達に「・・・で見かけた」と話しかけられることもあり楽しいひととき
を過ごせた。そして帰りも6時間かけて戻ってきた。本日走行距離360マイル。

021113
昨日予約を入れておいた Wind Tunnel に行って来た。Rantoul のブギの際、池内君にもらった
10分間のただ券を持参して楽しみにしていたが、実際は Free Fly 禁止、他諸々の禁止事項
が多くてあまり面白くなかった。アーチのしすぎで背中が筋肉痛になっただけ損した気分だ。

021114
背中の筋肉痛が痛い中、ヨシに借りたタダ券で Universal Orlando に行って来た。久しぶりに
遊園地気分で楽しかった。それにしても Florida は遊ぶところが多すぎて困る。現在いるキャン
プ場の立地条件がいいために、どこに行くのも近くて助かるが。Universal Orlando までは車で
20分くらいの距離なのでまた行ってしまうかもしれない。明日はDZに飛びに行くぞ。

021115
Zephyhills に行って来た。午前中キャンプ場は天気が悪く飛んでいるかが心配であったが、電
話をしてみると飛んでいた。そこで慌ててDZへ。Check in しているときに話を聞くと、今夜から
雨の予報になっており、早めに飛んだ方が良いという話であった。案の定、1本飛んだところで
雲が9000ftまで下がってきてしまったので、1本でやめておいた。また次回に期待して帰路につ
いた。本日走行距離152マイル。

021118
2日間に渡ってヨシの家に泊めてもらった。シャトルの打ち上げを見るためだ。Titusville で飛
んで、アリゲーターツアーにも行って来た。エアーボートに乗って近くの川と湿地帯を爆走すると
ワニがいる。寒い日はワニがいるかわからないと言われていたが沢山いた。こんなものが近く
の川に普通にいるのかと思うと結構びっくりする。あとはシャトルを見るだけだと心待ちにして
いたが、延期・・・。ついていない・・・。金曜日になったので今度こそ打ち上げて欲しい。

021123
DeLand に行って飛んできた。その後はずっと延期になっていたシャトルの打ち上げがある。昨
日も川べりでずっと待っていたのに中止。今日はヨシが Kennedy Space Center 内の Viewing
Point の券をもらってきてくれたので中まで入って待つことに。ここはシャトル打ち上げの際よく
テレビ中継が入っている場所だ。目の前は川なので遮るものがなにもなく、シャトルまでは3マ
イルくらいの位置にある。昨日は発射10分前に中止となったので、今日は9分になると飛ぶの
ではないかと歓声が上がった。そしてついにカウントダウン。
飛んだ。
一瞬昼間に戻ったのではないかと思うくらいの明るさの中シャトルが上空へ。数秒遅れて轟音
が体に響く。NHKの連続テレビ小説「満天」ではないが、宇宙を目指したくなるほどの感動だっ
た。その場にいた何万人がそう思ったと思う。

021125
Arizona に向けて出発。来月初めにある300wayに参加するからだ。しかし、ここ Florida からは
2000マイルの長距離。毎日500マイルは走らないといけない。今日は Alabama を抜け、
Mississippi まで移動してきた。なにしろ Florida が長かった。後は一路西へと向かう。
本日走行距離541マイル。最長記録を更新。

021126
Central Time に入っているがまだ時計を合わせずにいる。時差は面倒くさい。朝早くに出発
し、昨日の記録を抜くつもりであったが、思わぬアクシデントに遭遇。といっても車の故障では
ないが。Lousiana で道路工事のために8マイル進むのに1時間もかかってしまった事と、
Houston, Texas で、またもや渋滞にはまってしまったことだ。Lousiana をしっかり通過できれば
こんな渋滞にははまらなかったものを予定が大きく狂ってしまった。本日予定していた場所まで
届かずに日没。しかも Texas は一桁台の寒さだ。雨が降り、風も強く運転するのが困難なので
早めにキャンプ場に入った。本日走行距離529マイル。

021127
一日中 Texas だった。なにしろ大きい。途中からは荒野のように景色が変貌し、上ったり下っ
たりの坂道ばかりだった。しかも一ヶ所、46マイルもの間ガソリンスタンドがない。それまでは
砂漠のオアシスのように荒野のガソリンスタンドがあったので、途中で入れようなどと考えてい
たらもう少しでガス欠になるところであった。スタンドをもう少し考えて配置して欲しいものだ。明
日には Aizona 入りの予定である。本日走行距離541マイル。

021128
地平線まで真っ直ぐに続く Freeway I-10 以外には、見渡す限りの荒野。荒涼とした大地に文
明を感じさせるものは、何もない。昨日の午後と全く同じ景色。ここをつい100年前の人々は、
馬車で同じように西へ向けて走っていたのであろう事を思うと、今にもインディアンが襲ってくる
のではないかという錯覚に囚われる。
下流でアメリカとメキシコの国境となる Rio Grande 川を、New Mexico で渡り、山岳地帯を抜け
て、周りのサボテンに大きな西部劇で見るようなものが多くなってくると、今回の目的地 Eloy,
AZ アリゾナ州、イーロイだ。
今回の「2000マイル走りっぱなし」もようやく終わりを告げ、明日からはジャンプだ。
本日走行距離506マイル。

021203
Eloy について早5日が過ぎた。あまり天候には恵まれていないが、そんなに寒くなくて助かって
いる。そして今日 Phoenix 近郊にある日本食スーパーへ買い物に行ってきた。Chicago の
Mitsuwa ほど大きくはないものの必要最低限のものは揃った。特に、探していた八丁みそがあ
ったのには感激した。無洗米もあった。またArizonaを去る前に買い出しに行かなくては・・。
本日走行距離140マイル。

021206
いよいよ明日から 300way が始まる。続々と世界中のスカイダイバーが到着してくる。ハワイ
からも3人来ているので久しぶりの再会。現在ここには選手を含め8人のハワイ出身者が集ま
っている。うれしい。英語ばかりでも知り合いがいると安心できる。

021207
現在3グループに分かれ100人ずつ練習ジャンプをしている。どのチームも思ったより苦戦し
ているようだ。本番はこの3倍の人数が飛ぶわけだから相当厳しい。100人がなかなかできな
い現状では難しい。今日初めて100人を作ったチームがでて、だんだん盛り上がってきた。地
上から見ているだけで思わず声が出るほど興奮してくる。ちなみにこの練習ジャンプで入れな
かった人は徐々にチームを抜けさせられているようである。厳しい世界だ。
明日からは300人で飛ぶことになるようなので是非ともがんばって欲しい。

021211
ヘマをやった。今までプロとしてやってきただけにコンペティションの経験はあまりない。今回の
参加者の多くは、シーケンシャルの連中であり真剣さが違う。今日3回目、300way トライ通算8
回目のジャンプ。油断していた。自分の眼の前で、フォーメイションが出来上がっていく。最後
のこの左手のグリップで 300way が完成する、と思った瞬間(実は反対側はできていなかった
のだが)、頭の中が真っ白になった。気づいたときにはビローしていた。
外された。

021212
300way達成。2人で地上から見ていた。この日の最後のジャンプである。とりあえずよかった。
でも今回のチャレンジには問題が多々ある。まず300人集めておきながら(参加費$2000
+)、なかなかできないからといってArizonaのスタッフを入れた。もちろんお金を払っていない
人達である。そのため、お金を払って参加していた人達で地上に残された人が沢山いた。予備
軍のAチームにいる人達で、もちろん参加費は他の人達と同じだけ払っている。その中にチ
ャンスさえ与えられなかった人が沢山いたのだ。主催者側に問題があると思う。もしこれを最
初の予定地ブラジルで行っていたら、参加者以外にスカイダイバーはいないので全員にチャン
スが与えられたはずである。そう考えるとひどい話である。この件に関しては納得がいかない。

021214
もう一つ世界記録にチャレンジ。328wayである。この人数になってはじめて入れた人達がい
る。是非がんばって欲しいものだ。しかし結果は公式記録には残らないが316wayに終わった。
こっちには入っている。土曜日である。一応規定では明日まで飛ぶ予定なのだが、今日の夜
パーティーをして明日は飛ばないそうだ。しかもこのパーティー、スカイダイバーのパーティーな
のにビールやその他のアルコールが全部有料というのだから驚いた!!食事は冷凍物を調
理しただけの簡単なもので済ませ、アルコールは有料。なんというパーティーかとあきれ
た・・・。今回の参加費は最初の日のディナー、32回分のジャンプ代、最後のパーティー代が
含まれているはずなのに、飛んだのはせいぜい20回、最初の日のディナーはおつまみのみ
の決してディナーと呼べる代物ではなかったし、そして最後のパーティーはちゃちいものとくれ
ば、主催者側がどれだけのお金をネコババしているかがよくわかる。絶対に決算報告などはな
いはずだから、そのうちに訴訟を起こす人でも出てくるのではないだろうか。

021215
急に暇になってしまったので、みんな ただただ うろうろしていた。明日の朝帰る人が多いの
で朝から人の出入りが激しかった。我が家も午前中からひっきりなしに人が訪ねてきて、別れ
を告げて去っていく。久しぶりに 日本から来た人、ハワイから来た人達と楽しい時間が過ごせ
た。みんな去ってしまうとちょっと寂しくなる。あとは年末に日本から来るスカイダイバーを待つ
だけだ。それにしてもここArizonaは乾燥しているので、喉、鼻がすごく痛くなる。1日が終わると
砂埃のせいで鼻の中がまっ茶色になる。あまり長くはいたくない場所である。

021219
念願だった Tint をトレイラーに貼った。それまでは、ただのガラスだったのでカーテンを開ける
と隣のトレイラーから中が丸見えになってしまっていたのだ。時間があるときに貼ろうと思いつ
つ、なかなか実現しなかったのだがようやく貼ることができた。これで日中カーテンを開ける事
ができる。2人掛かりで1日中かかってしまった。結構きれいに貼れて見栄えもよくなった。非
常にうれしい。

021220
前々から懸念していた Galley の水漏れ、修理してみようかとトレーラーの下を外してみた。ひ
どい・・・。家でいえば新築のはずなのに、またもや大ダメージ発見。本当ならタンクを変えるほ
どのダメージだが、タンクを変えるとなると入院が必要になる。その間私たちは家がなくなって
しまうことになるので、とりあえず修理してみることにした。何とか保ってくれるといいのだが。

021225
リパックとリラインに出しているキャノピー未だ戻らず。あれから10日、いまだにラインが届か
ないらしい。しょうがないから観光に出かけた。予定はPhoenix近郊のゴーストタウン。あちこち
調べたあげく、一番建物が残っているというところだ。行ってみてびっくり、映画の1シーンのよ
うに整備されていた。しかもクリスマス当日にも関わらず、多くの人で賑わっていたため、とても
ゴーストタウンに見えなかった。通常は残っている建物を利用して、レストランだのおみやげ屋
だのが開いているようだが、さすがにクリスマスはお休みであった。できれば人気のない時に
行きたかったのに残念である。Arizonaを離れるときに、もう1ヶ所目星をつけてあるところに行
くつもりである。

021229
Arizonaに来る日本人が勢揃いした。おまけにハワイからも2人遊びに来ているのでうちの中は
また混雑している。今年は天気に恵まれ、みんな朝からばんばん飛んでいる。相変わらず私た
ちはゆっくりとしたペースだが・・・。怪我なく最終日まで楽しんで欲しい。

021231
大晦日である。今日も朝からロードが上がっている。例年より人出が多いので X'mas & New
Year ブギが延長された。みんな朝から飛んでいる中、今日は1日が長いのでのんびりと紅白
歌合戦なぞを見ながらゆっくりと飛びに行った。そして真夜中、DC-3でのナイトジャンプがあ
る。もちろん私たちは参加しない。そんな夜遅くまでビールを我慢できないからだ。楽しみであ
る。

030101
明けましておめでとうございます。お父さんお誕生日おめでとうございます。いよいよ2003年
になりました。今年中には旅を終わらせたいという目標と共に新年を迎えました。

昨日から今朝にかけてのArizonaは大騒ぎであった。カウントダウンと共にシャンペンが振る舞
われ、外ではミッドナイトジャンプの方々が大勢の酔っぱらいに見守られながらランディングし
てくる。始末に負えない酔っぱらいのヤジの中、みな安全に地上へと帰ってきた。そしてすごか
ったのがDC-3の Low Pass だった。屋根ぎりぎりに轟音と共にやってきた。迫力が違う。いい
ものを見れたとみんな大満足で新年を迎えた。

本年もよろしくお願い申しあげます。

030105
Coolidge に行って来た。現在いるEloyからは車で約30分の距離にあるため上空からもよく見
えるDZだ。初めて行って来たが結構小さくてびっくりした(飛行場は大きい)。周りはあまり整備
されていないせいかサボテンがニョキニョキと沢山生えている。このサボテン近くで見ると本当
に大きい。しかも、棘が巨大だ。絶対に当たりたくないと気をつけながら飛んできた。来月には
日本人スカイダイバーであふれるところだが、私たちはフロリダに到着している頃だろう。会え
なくて残念である。

030108
出発の予定が遅れている。ハワイからのメールがまだ届かないからだ。あと2種類の郵便物を
待っている。早く受け取って出発したいものだ。というわけでまだArizonaにいる。そして今日は
Arizonaで初めて雷雨にあった。降らないときは200日も降らないそうなのに珍しいこともある。

030109
いよいよ Eloy 出発。といっても今日の予定は130マイルの地点にある Willcox だ。なぜかとい
うとその周辺にはゴーストタウンが多いからである。せっかく西部開拓時代に戻ったような景色
の中にいるのだからゴーストタウンは見ておきたい。3ヶ所まわったがどこも人が住んでいるよ
うな町であった。まるっきりのゴーストタウンだと家などの残骸は土台のみしかないのでわかり
づらい。多少がっかりしたものの結構楽しかった。メキシコとの国境沿いにはもっと沢山のゴー
ストタウンがあるらしいが怖そうなので行かなかった。本日走行距離224マイル。

030110
New Mexico へ移動。ようやく次の州への移動開始だ。今日の予定はDZへは100マイルほど
南側にある Elephant Butte という町だ。ここへトレーラーをおいて明日DZへ向かう。引っ張っ
ていってもいいのだが、また同じ道を戻ることになるのでガソリンをセーブすることにした。しか
し New Mexico は景色が変わらず、ずーっと荒野ばかりである。町はあれどもガソリンスタンド
一つない。なかなか大変な移動になりそうだ。本日走行距離243マイル。

030111
DZへ行って来た。New Mexico では唯一のDZである。昨日電話をした時点では週末のみ開い
ているというので、朝電話をしてから出かけた。途中、上り下りの激しい道にトレーラーを置い
てきて良かったとホット一息。しかし景色は変わらず荒野だ。周りにはかなり高い山がそびえて
いるが、見た感じは土塊の禿げ山のように見える。少なくとも木は生えていない。道の両サイド
には元川であったであろう谷間も多くあるが、水は流れていない。なんだか殺伐とした景色に
疲れた。本日走行距離253マイル。

030112
すぐとなり町に温泉街があると聞いて行って来た。キャンプ場のおばちゃんにお勧めの場所を
聞いて、いそいそと出かけた。アメリカに来て初めての温泉である。しかし日本の温泉街とはち
ょっと違う。なんだか怪しい雰囲気漂う、うらぶれた所である。町中沢山の温泉宿?らしきもの
があるが、おばちゃんお勧めの一軒はとっても怪しい感じのする場所だった。でも入浴。久し
ぶりにたっぷりのお湯に浸かれて満足であった。その後トレーラーを Vado という町に置いて
UFOで有名な Roswell までドライブ。途中インスペクションステーションで停められたり、長い山
道に閉口したりしながら何とか到着。明日はUFO博物館に寄って、町を見学して行くつもりだ。
何もない荒野とばかり思っていた New Mexico にこんなに観光スポットがあるので驚いている。
本日走行距離300マイル。

030113
Roswel でUFO博物館を見学。外観がUFOとでっかくでているので見つけやすい。入ってみると
今までUFOが目撃された場所だの、証拠品が押収された場所だのエイリアンの人形だのと盛
りだくさんであった。でも文章が多すぎて読むのに途中で疲れてしまった。もし日本語だったと
してもあれだけ読むのは疲れる。キャンプ場へ向かう帰りには、途中の道で空軍の演習のた
め、ステルス戦闘機が飛んでいるのを見た。昨日の夜のニュースで戦争に備えて演習を開始
したと報道があったばかりだ。間近で見たのは初めてだったが、いよいよ戦争か?とちょっと
悲しくなった。本日走行距離203マイル。

030114
Texas へ移動。長い道のりの始まりだ。今日の予定は380マイルくらい走ったところにある
Ozona に宿泊するつもりであったが、明日のことを考えてもう少し足を延ばした。結局
Junction まで走った。Texasの西部は山岳地帯である。現在そのまっただ中にいる。しかし高
度的には New Mexico よりどんどん下がってきている。途中山火事のため視界が悪い場所
や、工事で1車線の場所などに閉口しながら何とかたどり着いた。明日の午前中には、この山
岳地帯を抜けられるであろう。本日走行距離477マイル。

030115
Texas 内部で移動。なにしろでかい。今日の予定は Houston の近所のキャンプ場だ。早めに
出発して2:00過ぎには Houston の辺りに到着。ここからが大変だった。キャンプ場ガイドに
載っている道路の名前が見つからない。1時間近くもうろうろしてしまった。いざ着いてみれば
道路の名前が変わっていた。今回の旅で一番大変なキャンプ場探しだった。
本日走行距離383マイル。

030117
Skydive Houston でジャンプ。182で Hop and Pop だったが Texas 一応終了。ここは 
California、Florida に次いでDZが多いので、もっと他も見たいが、思ったより寒いので先へ向
かうことにした。本日走行距離99マイル。

030118
Louisiana に移動。今日の移動は大変だった。なにしろ道が悪い。ここではこんな物を道と呼ぶ
のか、といいたくなるくらい穴だらけの道路だ。補修されているところとされていないところの差
がひどい。まさしく穴が道にあいており、そこにはまる度にトレーラーも大きく揺れた。1ヶ月以
上前に通った時と同じ所で工事渋滞に「また」はまった。1ヶ月以上も何をしていたんだ、全然
変わっていないじゃないか。その後トレーラーの中は、こんなの初めてというくらいに物がしっち
ゃかめっちゃかになっていた。本日走行距離261マイル。

030119
Skydive Tom & Jerry's でジャンプ。日曜日なのに全然人がいなくて飛行場に着いてからずい
ぶんと探し回ってしまった。諦めて帰りかけたとき飛行場の南側に Skydive と書かれた倒れた
看板を発見。「あー潰れたんだー・・・」と思いせめて看板だけでも記念撮影しておこうと車を降
り、撮影開始。ん?人の声がする?フェンスの内側にあるホッタテ小屋の方から話し声が聞こ
え、行ってみるとそこはDZでした。人が集まらないので中止にしようと考えていたところに登
場。運良く飛ばしてもらうことになった。その後ちょろちょろと人が集まり、ジャンプ開始。オーナ
ーの人達と景色のどちらも大変良いDZであった。ここが Louisiana 唯一のDZなので飛べて良
かった。本日走行距離88マイル。

030120
Mississippi を通り抜け Alabama へ移動。ここからなら両方のDZまで近いというキャンプ場にト
レーラーを置いて、明日からジャンプに向かう。今日は3州またいだ移動だった。Louisiana,
Mississippi, Alabama と走ってきたわけだが、Louisiana を抜けた途端に道が良くなった。どうし
てこうまで違う物かと驚くばかりだ。本日走行距離240マイル。

030123
寒い。風が強い。でも飛べるかもしれない。と言うわけで Alabama のDZに行って来た。しかし
やはり飛んでいなかった。今日は本当に風が強く、芯から冷える。そして夜、水道が凍った。真
夜中の話ではない。8時過ぎには水が凍っていた。こんなに早い時間から凍るほど寒かったの
は初めてだ。明日はもっと冷えるらしい。早く暖かいところに行きたい。
本日走行距離128マイル。

030124
朝起きてびっくりした。昨日から凍っていた水道が破裂していた。本体が破裂したのではない
が、トレーラーに取り込むためにつけていたホースとの接続部とフィルターが大破していた。慌
てて外に出てみると、ホースの周りには雪が降ったように氷が張っており、水がジャージャーか
かっても溶けていない。いかに寒いかがわかる。あまりの寒さにジャンプを明日に延期した。

030125
Gold Coast Skydivers へ行って来た。昨日までに比べ、多少温度が上がっていると思ったから
だ。だが、思ったより暖かくなかった。鼻は真っ赤になり、手はかじかみ、しかも途中から曇っ
てきたのでもっと寒くなった。2回飛んで帰ってきたが、みんなフレンドリーでいい人ばかりだっ
た。本日走行距離51マイル。

030126
Emerald Coast Skydiving へ行って来た。前回行ったときは強風のため飛べず、2度目のチャ
レンジになった。今日は高曇りで多少暖かかったが、だんだん雲が低くなってきて怖い思いもし
た。ようやくこれで Florida へ行ける。Florida では2ヶ月くらい滞在の予定なので暖かくなるまで
の冬眠状態だ。何はともあれ南方5州で飛べたのがうれしい。本日走行距離120マイル。

030127
Florida へ移動。ようやく暖かいところへたどり着いたような気がする。でもまだ寒い。早くもっと
南下したい。州境を入ってから途中にタイムゾーンがある。この辺りで働いている人は毎日1
時間違うのだろうか?さぞ面倒くさいであろう。だいたい一つの州で2つのタイムゾーンを持っ
ているなんで変だと思う。Floridaの西の部分をAlabamaにあげてしまえばいいのに。
本日走行距離319マイル。また水が凍った。

030128
目的地に到着。今回しばらく Titusville のヨシの近くに滞在。早速遊びに行った。かなちゃんも
いて久しぶりに日本語村になった。それにしても暖かい。緯度的には Houston とそんなに変わ
らないのにやはり Florida は暖かい。これから春まではこの辺りにいるつもりだ。
本日走行距離280マイル。

030201
Titusville から Sebastian へ南下。ここにもDZがある。幸いにも高速道路沿いのRVパークがと
れたので、そこにトレーラーを置いて飛びに行く。近所を買い物がてらちょこっとぶらぶらしてみ
た。久しぶりにカイトサーフィンをしている人達を発見。この辺りまで来ればカイトができると思
いちょっとうれしい。

今日はもう一つ重大なことが起こった。日本でも沢山報道されているようにスペースシャトルコ
ロンビアが空中爆発したのだ。ちょうど Titusville にいたので本来なら着陸時の衝撃波の音が
聞こえるはずだった。しかし結果は・・・。昨日もいつ戻って来るんだろうなどと話していたばか
りだったのでショックである。乗組員のご冥福をお祈りいたします。
本日走行距離100マイル。

030202
Skydive Sebastian に行って来た。比較的暖かい日だったので、久しぶりに半袖でOKだった。
ただし飛ぶときは長袖を着たが・・・。ここでまた友達になった2人に再会した。この2人とはあ
ちこちのDZで会っている。私たちと同じ様に50州を廻っているのかと思いきや、大きいDZを
渡り歩いているようである。何にしても友達がいるDZはそれだけで楽しい。

030203
Sebastian から Pahokee に移動。さらに南下した。ここまで来るとさすがに暖かい。夜になって
も暖房器具を出していない。現在いるキャンプ場は公営のものだったので、1ヶ月の滞在でも
予定額よりかなり安くなった。しかもすぐ裏手は湖で、家から魚釣りができそうなくらい近い。昨
日までの所は高速道路のすぐ脇だったので、便利ではあったが車がうるさかった。それに比べ
るとここは何の音もしない。のんびりできそうである。本日走行距離99マイル。

030204
Skydive America に行って来た。初め場所がよくわからずに、同じ飛行場にある別の会社に行
ってしまった。ここは昨年末より2つの会社が同じ飛行場を使ってスカイダイビングを行ってい
るのだ。お客さんがいないらしく、そこは本日は中止であった。そこで隣の Skydive America に
行ったところ、飛行機待ちであったが飛べるというので飛んできた。久しぶりに半袖で飛べたこ
とが何よりうれしかった。まるでハワイのようである。
最初に話しかけたパッカーのように見える人が実は Olav だった。驚いた。さらにもう一つ、10
年ぶりに昔 Cal City で一緒に飛んだ友人がマニフェストにいた。彼はジャンプ後に一緒に飲も
うとひたすら誘ってくれた。こっちに留学中の Emi ちゃんを待ちながら昔話に花が咲いた。そし
て帰ろうと思っていたところに Emi ちゃん登場。場所をうちに移して遅くまで飲んでしまった。移
動してきて初日から盛りだくさんの1日であった。

030207
Sebastian で現在 Free Fly の World Record 挑戦が行われている。大きさは30wayだ。
その為、Skydive America には全然人がいない。というわけで見に行ってきた。あいにく天気が
悪く、ようやく1回だけ飛んでいたが、すでに29人まで出来上がっているというからたいしたも
んだ。中には Olav をはじめ、そうそうたる面々がいるのだが5年ぶりに再会した Billy (元
Structure Fire)も入っていた。おまけにぼーっと下で見ているとき、300wayで一緒だったエイコ
さんまでいた。突然の出現にお互いびっくりして思わず笑ってしまった。帰りには Emi ちゃんの
バイトしている日本食レストランで久しぶりに和食を堪能してきた。値段は高いが味はいい。ア
メリカ人にも好評である。是非行ってみて欲しい。
本日走行距離250マイル。

030214
バレンタインデーのためあちこちで風船やプレゼントを売っている。そんな中 Fortlorderdale に
ある日本食スーパーまで出掛けてみた。思ったより全然小さいお店で、予定していた物の全部
が見つかったわけではなかった。そして結構なんでも高かった。この町にはもう1件スーパーが
あるのでそちらに行ってみた。つぶれたらしく店はなかった。近所に「Japanese Restaurant All
You Can Eat」と書いたお店があったので入ってみた。そこは確かにすしや天ぷらを扱ってはい
るのだが、日本人が経営しているわけではないので味が・・・。結構店には人が入っているのだ
が、これを日本食だと思われたくない、と2人で話しながらそそくさと出てきた。
帰りには予約しておいた歯医者に行って治療が終了。ハワイから途中だった歯の治療が終了
したのでなんだかいい気分である。

030217
天気が悪い。というわけで買い物日和の日だった。今日は初めて Clewiston まで行ってきた。
ここにもDZ ( Air Adventures )があるのでそれをチェックするのも兼ねて出掛けていった。天
気が悪いので飛んでいなかったが結構大きな飛行場であった。
それにしてもフロリダはガソリン代がどんどん上がっている。周りを見渡せば1.75/gal ばかり
である。安いところを探してあっちこっち走り回ったがどこも同じ様なものである。途中1.53/gal
 というところを見つけて入ってみたがつぶれていた・・・。やはり安い店はやっていけないよう
である。移動を開始するまでに何とか安くなってくれればいい、と祈りつつ目だけは安い店を探
している。本日走行距離94マイル。

030221
サファリパークに行って来た。結構色々なところで宣伝を見るので行ってみたかったのだ。50
0エーカーの広大な場所にほぼアフリカの動物が放されている。車を踏んづけそうな象以外は
柵に入っていないので、身近に見ることができる。平日にも関わらず子連れの人が沢山いた。
中には車の中、大人だらけで来ていたグループもあった。約1時間の行程だが割と楽しめたの
でお勧めである。

030222
Pahokee には珍しい強風の一日であった。もちろん飛んでいない。そして夜は雷雨であった。
湖があるため落雷はなかったが、遠く対岸では落雷もあったようである。稲妻好きの私たち
は、大変楽しみにしていたものの、空が光るだけで落雷のほとんどない雷雨にちょっとがっか
りしながらも部屋の中を真っ暗にしながら満喫した。そういえばハワイはほとんど雷雨がない。
日本の夏のような雷雨がちょっと懐かしい。

030226
Titusville に行ってきた。ヨシの引っ越しを手伝うためである。久しぶりに遠出した。おまけに2
泊も泊めてもらった。新居は良いところで、うらやましい限りである。でも引っ越して一番のお風
呂に入ってしまってごめんなさい。また移動の際立ち寄らせてもらいます。本日走行距離170
マイル。

030304
週末日本からまた1人増えた。Komiya さんである。そして今日みんなで Emi ちゃんのバイト先
日本食レストラン「えびす」に再び行って来た。相変わらずおいしい・・・。Komiya さんにご馳
走になってしまった。Emi ちゃんはお客さんとして食べていることにとまどいながらも満喫してい
た。久しぶりの本格的な日本食に大満足で帰ってきた。おまけに鮭のカマまでおみやげにいた
だいてしまった。フロリダを去る前には是非とももう一度行きたいお店である。

030307
フロリダは虫が多い。そして蟻も多い。久しぶりに咬まれてしまった。足の指を咬まれたのだ
が、案の定足はくるぶしの辺まで腫れ上がり、歩くとなんだかプルプルしている。こっちでは
Red Ants とか Fire Ants と呼ばれているが本当に小さくて真っ赤な蟻である。毒を持っている
のは有名で、一度に千匹くらいに咬まれると死に至るとも言われている。地面に足を着いた振
動が痛い。腫れだけでも早くひいてくれるといいのだが・・・。

030310
Miami に行ってきた。用事があったので出掛けたが、せっかくなので日本食の仕入れも済ませ
てきた。今回行った場所は Bay Villege にある「Japanese Market」だ。Miami の少し手前にあ
る町に日本食専門のスーパーがある。そんなに大きなお店ではないのだが、かなりのものが
買うことができた。おまけに本も扱っているので大変重宝した。そこのご主人は、大量に買い
込む様を見て少々不思議がっていた。旅のことや Florida の日本人の様子など世間話をしな
がらの買い物は結構面白い。Florida にはそんなに沢山の日本食スーパーはないので、食材
が必要な方にお勧めである。

普段DZがあるようなちょっと町からは離れたところで生活しているので、久しぶりの町は車が
多くて閉口した。しかも初めての町は、手元にある地図だけが頼りなのだが、そんなに詳しく載
っているわけもなく、ナビゲーターは必死である。今回は同じ道が途中から名前が変わったり、
使おうと思っている道が高架で乗ることができなかったりとぐるぐるしてしまった。町の中は、横
断歩道でないところでも人は沢山飛びだしてくるし、あげくに赤信号でも突っ込んでくる車まで
いて冷や冷やの連続だった。慣れない町の中は気を張っているので疲れた。
本日走行距離205マイル。

030318
ハワイから転送してもらった手紙の山に埋もれている。久しぶりに書類関係の仕事が多く疲れ
た。そして未だに Florida にいる。移動は来週になりそうだ。もうこちらはだいぶ暑い。というよ
り湿度が高く、気温よりもベターッとした感じで気持ちが悪い。それに毎日来るサンダーストー
ム。急に風が強くなり、空には稲光が轟いている。いくら稲妻が好きでも、こう毎日だと飽きる
程である。そのくらい温度と湿度が高いのである。つい1ヶ月前までは暖かいところで良かっ
た、などと言っていたが、もう心は北に向けてさまよい始めた。もうじき戦争なのかな?と少し
悲しくなりながら日々が過ぎていく。

030320
いよいよ戦争が始まったようだ。ニュースにかじりついている。こちらのテレビでは「アメリカた
たくに爆弾いらず、毒を水に混ぜればいい」というような話もあり、警戒しているようだ。現実に
は起こって欲しくない話である。早く終結してくれることを祈るばかりである。

030321
現在いるキャンプ場は湖のほとりである。この湖、ワニが出る・・・。そしてこのキャンプ場に、
ワニを食べさせてくれる店ができた。今まで食べたことがないので早速チャレンジしてみた。小
さく切ってフライにしてあるので原形はとどめていない。ちょっと残念。結構コリコリしていて、歯
ごたえのいい鶏肉という感じだった。他にもナマズなど、「ここで捕れた物ばかりかい?」などと
冗談を交わしながら待っているのも楽しかった。Florida に来たら是非おためしあれ。

030322
今日AD#Aライセンスを獲得。天気が悪くボールで飛べない可能性もあったが、なんとか飛ぶこ
とができた。この週末がここでの最後の週末となるので Olav にテストを頼んでおいたのだ。現
在彼は、あちこちから生徒が来ているので忙しい。おまけに Stefania が自転車でちょっとした
怪我をしたいるためさらに忙しい。それでも飛んでくれたので助かった。夜は Olav の家でみん
なで Party のように大騒ぎし盛り上がった。夕飯までご馳走になってしまい、どうもごちそうさま
でした。

Free Fly で有名な Skydive Ameriva は今後もう存在しないかもしれない。オーナーが変わった
ようである。Olav たちも今後いるかはわからない。他にもDZを開く予定があるそうなので、そ
ちらに行ってしまうかもしれない。Free Fly の技術面だけでなく、安全面に関してもかなり意識
が高く、うれしくなった。今後もあちこちで Free Flyer を増やしていって欲しいと思う。2ヶ月間
お世話になりました。

030324
ついに Pahokee を出発。移動の開始だ。思えばここに2ヶ月近く滞在していた。これまでのとこ
ろ1ヶ所にこれほど長くいたのは初めてだ。その分別れもつらい・・・。Emiちゃんや Olav,
Stefania など楽しい思い出が沢山ある。この後は Orlando に数日滞在して Georgia に行く。
もうすぐ4月である。そろそろ北上を始めないといけない。あとは Yoshi に会いに行ってこの地
を離れることになりそうだ。
しかし同じ Florida 内でも気温差が激しいとつくづく感じた。Pahokee は朝晩でもエアコンを入
れないと寝られないくらい蒸し暑かったが、Orlando はかなり涼しい。あまりの蒸し暑さに早く北
上を始めようと出発したが、結構寒いので早まったかな?とも感じている。せめて日中だけでも
暖かい日が続くといいのだが・・・。本日走行距離190マイル。

030325
車の調子がおかしい。昨日の移動の際、ブレーキが変な音がするようになってしまった。早速
修理に持っていったが、パーツが来るまでに時間がかかりそうだ。つまり足止めである。今後
の移動のこともあるのでしっかり直しておきたい。しかし北上するにしたがい、寒さが気になる
ようになってきたので、まあいいかという感もある。あと18州、無事に乗り越えていきたいもの
だ。

030331
寒い。急に温度が下がっている。今までエアコンを入れて過ごしてきたが、とてもじゃないが寒
すぎる。昨日は天気が悪く、日曜日なのにどこにも出掛けなかった。寒いせいもある。今日は
今日で朝からの強風で家が揺れている。久しぶりに暖房を出した。本当に Florida かと疑いた
くなるような寒さである。Pahokee はどうだろう?

030403
Georgia に移動。ついに Florida を離れた。思えばずいぶん長くいたものだ。足を踏み入れた
のは11月のあたまで、その後 Arizona へ行って1月に帰ってきた。そして現在4月である。月
日は流れたものである。おととい昨日と両日 Yoshi & Kana-chan のところでお世話になってい
た。一緒に夕飯を食べて別れた。この後はまた二人っきりの旅になる。がんばらねば!!

今日の移動はひどい目にあった。なにしろこのあとはひたすらずーっと I-75号線を北上する
のだが、どこもかしこも工事中で、1車線通行になっている場所が沢山ある。たった76マイル
走るのに2時間もかかってしまった。予定ではもっと北上する予定だったのだが、日暮れが近
づいてきたので予定変更。Arabi という町のキャンプ場に入った。そこで聞いてみるとこの後も
ずーっと工事は続くらしい・・・。ここは Louisiana かと疑いたくなる。
本日走行距離282マイル。

030404
さらに北上。今日は、予想された工事渋滞もなく Atlanta を越えた。Houston の時のように町
中を抜けると渋滞にはまると思ったので、外環を通って Acworth という町まで来た。しかし町
以外はかなり山の中に思える。外環を通っても町の姿くらい見えると思ったのだが、鬱蒼とした
木に阻まれて何も見えなかった。だから素通りしただけである。しかし今日は Atlanta 近くの
本食レストラン「橋口」まで足をのばして例によって各都市日本食巡りもしてきた。ちゃんとした
和食で大満足である。帰りに渋滞にはまりこれだから大都市は嫌だとつくづく思った。

移動している時色々と話しているのだが、アメリカはでっかいトラックが沢山走っている。その
中でも「 J.B.Hunt」のドライバーはいい人が多い。トレーラーを引いているときの車線変更は大
変であるが、この会社のドライバーはたいてい、「もう車体全体が越えたよ。移ってもいいよ」と
合図をしてくれる。特に混んでいる時などはこういう親切がうれしい。前に New Jersey の駐車
場で町の状況を説明してくれたのもこの会社のドライバーだった。中には意地悪なトラックや、
むやみに車線変更をする車もいるので、その中ではダントツ一位、お気に入りのトラックであ
る。これからもお互い安全運転で行きたいものだ。
本日走行距離244マイル。

030406
Adeventure Skydiving Center に行ってきた。ここのところずーっと天気が悪いので、飛べるか
不安であったがなんとか飛ぶことができた。しかも Pahokee で会った人達とも再会して、楽しい
時間を過ごすことができた。天気のせいで最初は Hop & Pop だったが2度目は15000ftまで
上がってくれた。CoPilot 席に乗せてもらったのでパイロットの人とも楽しくおしゃべりをしながら
上がっていった。夕方からは雷雨になったので、とりあえず飛べてよかった。明日は移動であ
る。
本日走行距離73マイル。

030407
朝から雨である。移動中止。スライドアウトの上に水がたまっているので入れられないためだ。
と、言うわけで Atlanta 近郊の日本食スーパーに行って来た。先日行ったレストランのすぐ近く
である。特に必要な物もなかったのだが、今後どこで日本食スーパーに行けるのかわからない
のでついつい買いだめしてしまった。明日こそ移動するぞ。本日走行距離47マイル。

030408
Kentucky に移動。Georgia からは Tennesee を南から北に通り抜ける。途中ひどい雷雨にあ
った。こんな大雨の中の移動は初めてである。すぐ雨は止んだので助かったが・・・。
先週からずーっと天気が悪く、北上しているのでどんどん寒くなっている。しかもどんどん山の
中に入っていく感じがする。上り下りの激しい坂ばかりで、最初のうちは新緑が綺麗であった
が、だんだん針葉樹林に変わってきた。見るからに寒そうである。それもそのはず、地図で見
ると緯度的には日本の福島あたりになるらしい。アメリカの大半は北国なんだと改めて認識す
る。Kentucky ではトレーラーの設営をしているとき寒くてトレーナーなどが必要になってしまっ
た。せめて天気だけでも回復して欲しいものだ。本日走行距離351マイル。

030411
ようやく天気が良くなった。1週間ぶりくらいに青空を見たような気がする。でも今日はまだ金曜
日なのでDZは開いていない。早速観光に行った。
Kentucky といえばバーボンである。工場見学をやっているところが何ヶ所かあるので、近所
Wild Turkey の工場に行って来た。当然、試飲が目的である。小樽のニッカの工場でも試飲
コーナーでべろべろになったし、青梅の「沢の鶴」でも瓶詰め前の巨大な樽から飲ましてくれ
た。水筒をどうやって隠し持っていこうかと真剣に悩んでいた。
工場の見学が終わり、始めの Visiter Center に戻ると、21歳以上の見学者にショットグラス
が配られる。「さあいよいよ試飲だー。」と思い、どこで注いでくれるのかと、ショットグラスを持
ってうろうろするも、どこにもそれらしい所がない。よく聞いてみれば、ショットグラス(プラスチッ
ク製)はただのおみやげで、「これで飲んで下さい、自分の金で。」ということらしい。しかたない
のでバーボンは自分で買ってきた。日本の常識アメリカで通じず、がっかり。
本日走行距離165マイル。

030412
Green County Sport Parachute Center でジャンプ。初めて見る Beaver なる単発星形エンジ
ンの古ーい飛行機で、何となくヤバそうな感じだった。そして、隣の West Virginia に関する情
報収集。例の「全米50州の中でDZが無い3州」のうちの一つである。
ファンジャンパーの誰かが West Virginia で先週飛んだという。しかし、聞いてみると彼が飛ん
だのは、Ohio と West Virginia の州境の Ohio 側だった。まてよ、ということは New Hampshire
の時のように何とかなるかもしれない。というわけで、問題だった West Virginia に一筋の光明
を見いだし、とりあえず明日行ってみることにした。本日走行距離64マイル。

030413
晴天無風、日曜日。いくらセスナオペレーションの小さなDZでも絶対開いているはず!と思
い、電話もせずに出掛けていったらこの始末であった。片道220マイルもかけて例の Ohio の
DZに行ってきたが、飛行機のメインテナンス中で本日クローズ。ハンガーの中で、髭のおじさ
んとスキンヘッドのおじさんが、若いにーちゃんにパックを教えていた。このスキンヘッドがここ
のオーナーの Larry だった。話してみると、一つ良い情報があった。
「ああ、West Virginia?いい公園があってさ、そこに降りられるよ。」という。
月曜、火曜は定休日。だからまた水曜日に出掛けて行くしかない。ただの往復ほど疲れるもの
はない。本日走行距離443マイル。

030415
急に暇になってしまったので、近所の一番大きな町へ食料の買い出しに行ってきた。そして驚
くべき事実を知ることとなった。この辺りの County (郡)はお酒を一切売ってはいけないらし
い。うちの主食であるビールを探して南へ北へ・・・。いくら行けどもビールはない。一番近い所
でここから40マイル離れている町に売っているという話を後から聞いた。買いに行く気力も失
せた。今日は久々にビールなしである。本日走行距離25マイル。

030418
朝から天気が悪かった。でも電話をしたら今日は飛行機があるので飛べるかもしれないと言う
返事。ここからは220マイル離れているDZ、Tri States Skydivers である。可能性はある。3
時間の道のりを車を飛ばして行ってみれば、青空だった。念願の West Virginia でのジャンプ
である。といってもこの州はDZが無い。Ohio から飛び立つしかないのだ。徐々に天候は崩れ
てきた。低い高度であったが飛べた。うれしい。一緒に飛んでくれた Andy の「Welcome to
West Virginia」という言葉が胸に響いた。その後 Ohio 側のちゃんとしたDZでも飛んだ。最後に
は一緒にビールを飲んで楽しい一時を過ごしてきた。

帰り道、また3時間はちょっとつらいので近所のモーテルへ向かった。そこでこの旅2度目の
Dry County に遭遇。行けども行けども酒屋がない。Kentucky に入った途端 Dry County にな
ってしまった。またもや隣の County まで行かねばならぬ。今回は諦めずにビールをゲット。こ
んな所2度と来るもんかと心に誓い、モーテルでおいしくビールを飲んだ。
本日走行距離269マイル。

030420
Tennessee に移動。途中、州都の Nashville の真ん中を通り抜けたが、日曜日ということもあっ
てひどい渋滞にははまらなかった。Memphis のすぐ近所まで移動したのだが、途中の道は山
道の連続で、上り下りは激しいし、雨には降られるし大変だった。Memphis まで来るとだいぶ
平地になってきたような気がする。Kentucky の途中で Easten Time Zone から Central Time
Zone に突入。この辺りの州は同じ州の中に2つの Time Zone があるので大変だろうと思う。
ここには10日間の滞在の予定で、去年の夏 Rantoul で会ったおっちゃんのDZや、近所のDZ
をまわってしまう予定である。本日走行距離343マイル。

030426
Central Arkansas Parachute Center で飛んできた。毎日開いていると書いてあるものの、い
つ電話してもなかなか開いておらず、結局週末になってしまった。ここのところ毎日天気が悪
く、今日も朝起きた時はとてもじゃないが無理かと思った。しかし行ってみると、ポコポコと浮か
ぶ雲がある程度で飛ぶのには十分だった。飛べて良かったと気分良く帰ってくることができた。

最近移動の途中でよく事故を見る。ここのところ目撃している事故はまだパトカーや救急車も
来ていないような、出来たてホヤホヤの事故だ。今日見た反対車線での事故は、高速道路で
どうやったら正面衝突ができるのか?というようなもので、1台はエアバッグがしっかりと開き、
もう1台はまだ中に人が乗っているのだが、エンジンが完全にめり込んで、中の人は生きてい
るのかもわからないような感じだった。あまりにも多く事故を見ているので、運転は慎重にしな
ければ、とつくづく思った。本日走行距離260マイル。

030427
West Tennessee Skydiving に行ってきた。この週末から Mike Mullins の King Air が戻ってきて
いることを知っていたので早速飛びに行ってきた。週末しか開いていないDZだが、昨日は
Arkansas とどっちに行こうかと悩んだ末 Arkansas に行ってきたが、こっちは天気が悪く飛んで
いなかったそうだ。ラッキー。今日は晴天無風の絶好のスカイダイビング日和だった。Mike や
Andy とも再会し、沢山話をしてきた。来ているスカイダイバーもいい人ばかりだったので、大変
楽しい一時を過ごしてきた。本日走行距離74マイル。

030429
Missouri に移動。Memphis と St. Louis の通過のことを考えてちょっと早めに出発。しかし思わ
ぬ所でちょっとしたアクシデント発生。現在 Memphis に入るところで道路工事をしており、道幅
がかなり狭くなっている。横幅規制があり、うちのトレーラーでもぎりぎりの幅しかない。ところ
が、そこに Wide Load のトラックがはまってしまい道を完全に封鎖してしまったのだ。ずーっと
並んでいる私たちには前で何が起きているかが全然わからず、道路工事のお兄ちゃんに話を
聞いてようやく迂回をしたのだが、この時点で40分近くロスしてしまった。おかげで St. Louis
に入った頃には夕方のラッシュの始まりにはまってしまい、下品な運転をする車の間をおとなし
く走るしかなくなってしまった。道幅規制くらい事前に調べて欲しい!! とブーブー言いなが
ら、でもその場面を思い出すとお巡りさんに抵抗していたドライバーの姿が思い出され、思い出
し笑いをしながらの移動となった。本日移動距離332マイル。

030502
金曜日である。今日こそDZに行こうと思っていたのに天気が悪い。ここのDZは火曜日と金曜
日・週末しか開いていない。昨日も朝から雷雨に見舞われた。でも午後には晴れてきたので、
今日は大丈夫だと思っていたら、雨は降らないが雲はものすごく低く、しかも寒い。ここのとこ
ろエアコンを使うくらい暖かかったので、この気温差にまた風邪を引くのではないかと心配して
いる。
夜イタリアンレストランに行ったくらいしか家から出なかった。
体がなまってきているので懸垂バーを取り付けようとしているダンナ様にトレーラーを壊される
のではないかと警戒している日々である。

030503
天気は良くなったがDZではなく遊園地に行ってしまった。高速道路の出口から見ると沢山のジ
ェットコースターが見えるのでどうしても行ってみたかったのだ。今週末に開き始めたばかりな
のでものすごい人出だった。バスがガンガン着き、中は団体ばかりだった。乗り物も待ち時間
が大変長く、かなり早めに行ったのにほぼ一日かかってしまった。でも十分満喫してきた。

夕方からSt. Louis にいる友達を訪ねた。昔ハワイで一緒に飛んでいた Keiko さんだ。現在結
婚し、こっちに住んでいるので久しぶりに会いに行った。旦那様の Marshall も大変いい人で、
酒好きの私たちを St.Louis 名物の Pub に連れていってくれた。しかも1杯ずつ飲んで、「はし
ご」してきた。この辺りは煉瓦づくりの趣のある優雅な町並みで、夜にはライトアップされた教会
などが大変綺麗である。こんな所に住めたらいいなあ、というくらい広くて素敵なおうちだった。
一晩泊めてもらい、朝にはおいしい朝食を近所に買いに行ってくれたり、非常にお世話になっ
てしまった。

030506
Quantum Leap Skydiving に行ってきた。天気があまり良くなかったのでとりあえずと思い行っ
てみたら、どんどん青空になっていった。ラッキーである。なんだかんだいっても Twin Otter で
飛ぶことができた。2ロード上がったが両方とも6人だけだったので、広々としていた。週末は
飛行機待ちが出るくらい混んでいるそうなので、「空いてて良かった」と大満足で帰ってきた。

日本のテレビでも報道しているように Tornado (竜巻)が発生している。のんびりと構えていた
ら友人や日本の家族から心配している電話をもらい、よくよく調べてみると現在いるのはその
まっただ中だった。警報まで出ていた。おまけに今日は不気味な雲まで見てしまった。びっくり
して外に出てみると、隣のトレーラーの人達も写真まで撮っていた。もちろん私たちも撮った。
つい最近 Tornado が発生するときに必ず出現する雲の話を聞いていたばかりだったので、度
肝を抜かれた。すぐに逃げられるよう大まかな荷物の用意をしてから、Tornado について調べ
て学んだ。まったく泥縄である。今後も行き先には注意を払わなければ、と今回のことを反省し
ている。明日は Kansas City まで移動である。本日走行距離85マイル。

030507
Kansas City に移動。まだ Missouri の中である。ここから周りの Kansas, Oklahoma を回ってし
まう予定だ。ただ気がかりなのは、現在 Tornado 銀座のまっただ中にいることだけである。特
に Kansas City は注意報が引き続き出ているようだ。今日は天気が良かったが、天気が良く
暑い日の次の日は雷雨になることが過去に多々あった。明日はどうなのだろうか? 年間100
0もの Tornado 発生するらしいが、ちょっとだけ見てみたい気もする。(遠くから)
本日走行距離245マイル。

030509
Oklahoma にやってきた。来る途中聴いていたラジオで、昨日 Oklahoma City で4年ぶりに大
きな Tornado の被害が出たことを知った。金曜日でも開いているというDZに来たのだが、風
のせいなのか人がいないせいなのか飛ぶことができず、近所のモーテルに泊まった。Tulsa と
いう町であるが、今日もこの辺一帯 Tornado の警報が出ているため、テレビにかじりついて見
ていたところ、今夜はあちこちで発生していた。
画面上の地図には何本もの Tornado が示され、「今どこそこにタッチダウンしました。」などの
情報がリアルタイムで、報じられている。雰囲気は日本の台風情報に似ている。「モービルホ
ームの人はすぐに避難して下さい。」 Kansas City に置いてきた家が心配だ。
昨日大きな被害が出た Oklahoma City にまたもや警報が発令され、避難勧告も出ていた。夜
中には避難してきた人なのか、それまでガラガラだったモーテルの駐車場がいっぱいになって
いたが、朝早くに全ていなくなっていた。本当に大変である。

今回のことで Tornado について沢山学んだ。今までは文字通り「竜巻なんかどこ吹く風」と思っ
ていたのに、いざ近くに来てみると切実である。なにしろ全財産が空に舞ってしまう。
今年は当たり年のようで、例年この辺りでは、5月の平均で約130個発生するらしいが、今年
は1週間ですでに270個もの Tornado が発生している。被害も甚大である。寒気団が長く連な
り、 北の方は真冬のような大雪警報が、少し南下した地方には North Calolina に至る広範囲
に渡り Tornado の警報が出されている。異常気象なのだろうか?本日走行距離272マイル。

030510
天気はまあまあだったが風が強く、今日もジャンプ中止である。明日にかけるしかない。やるこ
ともなかったので昨日 Tornado がタッチダウンしたという町を不謹慎にも見に行ってきた。道
の脇はずらーっと並ぶ木に阻まれ痕跡も見えなかった。諦めて帰ろうとしたとき一つの町を通
り抜けた。まるでゴーストタウンのように荒れている。よく見ると木は折れ、街灯が倒れている。
もしやと思ったら Tornado の被害であった。実際に見るとなんだか申し訳なくなってすぐに帰っ
てきた。本日走行距離187マイル。

030511
Skydive Tulsa, OklahomaAir Capital Drop Zone, Kansas の両方で飛んできた。一日に200
マイル離れたDZ2ヶ所に行ったのは初めてだ。本当は週末をかけて回る予定だったが、土曜
日まで天気が悪かったので日曜日一日にかけるしかなくなった。そんなわけでDZのはしごとな
った。朝起きてまずは Oklahoma で飛んだ。9時から開いていると言っていたのに10時に行っ
たらファーストロードだった。天気は良かったが気温はかなり低めだったので躊躇していたのだ
ろうか?ようやく飛べた。3日間にわたって来た甲斐があった。次は急いで Kansas へ移動。
200マイル離れているので3時間はかかる。お昼に出発してなんとかたどり着いたものの
Kansas は風が強かった。飛んでいなかったらどうしよう・・・と思いつつ行ってみたら飛んでい
た。セスナなので順番待ちをしていたら急に「ロードが空いたから行けるか?」と言われ、着い
てすぐに飛ぶことができた。あまり遅くなるようだったら今日もこの辺りで泊まらなくてはと考え
ていたのでラッキーだった。その後 Kansas City の近所に停めてある我が家までさらに200マ
イル走った。途中は大草原広がる雄大な景色だった。疲れも吹っ飛ぶくらい綺麗なので是非
行ってみて欲しい。本日走行距離478マイル。

030513
本来ならもう移動しているはずなのだが移動できない・・・。転送されてくるはずの手紙を待って
いるのだ。とっくにハワイには知らせているのにまだ来ない。いつになったら移動できるのやら
不安である。

Tornado について新たなことがわかった。なにしろ Tornado銀座にいるのだから毎日のチェッ
クは怠れない。運良くここのところは雨が多少降るだけでそうひどくない。しかし今日も
Oklahoma には警報が出ている。
今年が当たり年ということは先日述べたが、5/4〜5/10の1週間でなんと384個もの Tornado
が19州に渡って発生したそうだ。現在の所死者は40数名出ている。まだ Tornado のシーズ
ンに入ったばかりなので予断は許されない。

030515
Nebraska に移動。だんだん北上してきた。そして寒くなってきた。ここには約1週間滞在の予
定である。この先 South Dakota と North Dakota も週末のみのDZなので、今週末に
Nebraska が終了してすぐに移動してもDZが開いていない。その為北に移動して週末を待つよ
りも少し南で滞在し、週末近くに移動することを選んだのだ。それくらい寒い。ただしここも
Tornado の発生多発地帯の中なので天候だけには気をつけていきたい。
本日走行距離187マイル。

030517
Lincoln Sports Parachute Center に行ってきた。朝は寒かったが日が高くなるにつれ気温も
上がってきたので絶好のジャンプ日和となった。現在滞在しているキャンプ場からは西に向か
うのだが、ホームページでチェックすると北側と西側から来る道しか載っていなかった。その為
だいたいの見当をつけて出掛けていったが、この辺かな?と道を曲がってみると全部砂利道
になってしまった。その後DZの近くで舗装された道路に再会し、舗装道路ってこんなに良いも
のなのかと改めて実感した。本日走行距離59マイル。

030520
South Dakota に移動。現在 Salem という町にいる。ここはDZがあるところではない。ここにト
レーラーを置いて North Dakota に飛びに行くからだ。明日 North Dakota で飛べればすぐにも
っと西に行く。その為にその道すがらにトレーラーを置いていく。もしトレーラーごと移動となる
と、同じ道を300マイル近くも戻ってこなくてはならないからだ。さらに北上したせいか天気が
良くても寒い。せめて気温だけでも上がってくれるよう祈るばかりである。
本日走行距離270マイル。

北上をはじめて嫌なことが一つある。夜になっても明るいことだ。アラスカほどではないにしろ
夜8時になっても夕方の明るさだ。9時頃ようやく少し暗くなり始める。なんだか落ち着かない。
暗くなると眠くなり、明るくなると目が覚める原始人の私には北の地方は向いていない。暗くな
るのは遅くても明るくなるのは早いので、寝不足のような気分になっている。

030521
North Dakota にやってきた。景色の変わらない、ただ一直線の29号線をひたすら走ってき
た。4時間ずっと360゜地平線。久しぶりにカーブが来ると、運転していたんだという事を思い
出す。午後6時から飛べるというので来てみたら天気が悪くなった。South Dakota と North
Dakota の州境あたりから雲が増え始め、Fargo に着いた頃には稲妻まで光っていた。そして
飛べず・・・。明日もまた6時から開くというので今日は Fargo に1泊する。明日こそ飛びたいも
のである。本日走行距離287マイル。

030522
Skydive Fargo で飛んできた。昨日来てから天気待ちをしていたので今日は飛べてうれしい。6
時に行ったらすでに人が来ていて、いきなり「ハワイから来た人達だろ?」と知らない人にまで
いわれた。行ってすぐにじゃあ行くかという感じで飛ぶことができた。おまけに今日はカナダか
らもスカイダイバーが来ていて、最初のうちはスタッフよりも通りすがりジャンパーの方が多か
ったくらいだ。午後9時まで明るいというのはすばらしいと今日だけは思った。6時から飛んでも
まだ日中の明るさだった。満足の1日である。

030523
North Dakota からの帰り道、 South Dakota に入ってからDe Smet という町に寄ってきた。別
に特別すごいものがあるわけではないが見に行ったのは ローラ・インガルスの家である。「大
草原の小さな家」の作者である。高速道路にまで看板が出ていたのでちょこっと見に行ってき
た。De Smet の町では1887年からずーっと彼女の家を保存している。確かに周りは草原なの
で思わず昔見たテレビを想像した。ちなみに彼女のいう「大草原」は Kansas の草原のことらし
い。でもこの辺も十分草原だらけだと思う。本日走行距離286マイル。

030524
South Dakota のほぼ東端から西端へ移動。この週末は Memorial Day Weekend のため道路
は行楽地に向かう人達で混んでいたし、330マイルひたすら真っ直ぐの道には飽きた・・・。途
中 Central Time Zone から Mountain Time Zone に入り、今日は1時間長くなったので、その
Black Hills Air Sports へ向かう。月に3週末しか飛んでいないというセスナオペレーションの
DZなので、土曜日の今日を無駄にしたくない。20マイルほど離れた Spearfish の町の飛行場
に着いてみると誰もいない。そこにいたメカニックのにーちゃんに聞いてみると
「もう一年ぐらい前にこの飛行場から出ていった」そうである。ホームページのディレクションに
はここしか載っておらず、電話をかけても留守番電話が応えるだけで途方に暮れていた。そこ
へさきほどの彼が他の人達に尋ねてくれたらしくわざわざ車の所まで来て
「隣町の飛行場でやっているらしい」と教えてくれた。Belle Fourche というその小さな町に入っ
て最初にあったガソリンスタンドで町の飛行場を聞き、町を通り抜けた3マイルほど先の大草
原の中に小さな飛行場を見つけた。しかし、またしてもそこにはジャンパーらしき人の姿はな
い。飛行場の事務所で聞くと、ハンガーから離れた野原に1人で立っている人を指さし、
「あいつに聞け」という。やっとスカイダイバーに巡り会えたらしい。今上がっている4人とパイロ
ット、そして彼が今日のオールメンバーという、クラブと言うよりはプライベートとでも言うような
規模だ。ラストロードだといっていたが、事情を話して、なんとかその後2人だけで1ロード上げ
てもらった。360゜緑の大草原。空の青と地上の緑が地平線で区切られている。絶景だった。
何はともあれ South Dakota でも飛べて良かった。今日は盛りだくさんの1日だった。本日走行
距離432マイル。

030525
Black Hills Skydivers で飛んできた。DZが無いと思われていた Wyoming である。USPA にも
加入しておらず、インターネットで調べてもどこにも見つからなかった幻のDZだ。昨日行った
South Dakota のスタッフから聞き、探しに探していった。South Dakota の人も「Keyhole 貯水
池の辺りにある」としか覚えておらず、現地に行ってから探し回った。途中の道は通行止めだ
ったり、人に聞いてもわからず、広大な敷地の中から探すのは至難の業だった。砂利道を
延々と走り、うろうろと彷徨っていたらポツンと止まっているセスナを見つけた。ものすごくうれし
かった。早速行ってみると、風が強いので飛んでいなかった。午後から飛ぶかもしれないとい
われ、飛べるなら待つ!と決め、時間つぶしに観光に行った。行き先は Devils Tower である。
映画「未知との遭遇」で有名な大きな岩山である。観光を終えて夕方戻ってみると多少風は強
かったが飛ぶことができた。離陸時に、「こっちの滑走路は牛がいるから、向こうから上がろ
う。」というのどかさである。遠くにそそり立つ Devils Tower、三方を囲む湖とまさに幻のDZに
ふさわしい景観だった。本当にラッキーである。大満足の1日であった。

帰りの車の中でしみじみと考えた。昨日 South Dakota で Spearfish の飛行場に行ったとき、メ
カニックらしい1人の青年にスカイダイビングの場所を尋ねた。もしこの彼の情報がなければ
South Dakota はもちろん Wyoming でも飛ぶことはできなかった。つくづく感謝している。いい
人に巡り会って良かった。本日走行距離405マイル。

030527
観光に行ってきた。目的は Mt. Rushmore だ。ここは大統領の顔の彫刻のある山である。しか
しあいにく雨が降ってきたので予定を変更。雨にあたらない屋内?ものの観光にした。行った
のは Beautiful Rushmore CaveThe National President Wax MuseumCosmos の3ヶ所で
ある。この辺はあちこちに観光する場所が散らばっているために移動だけでも時間がかかり、
とてもまわりきれなかった。メインである Mt. Rushmore と Crazy Horse Memorial は明日に回
した。山の中を走り回り、途中砂利道などもあるので運転にも気を使う。明日こそ天気が良くな
って欲しい。本日走行距離116マイル。

030528
改めて観光に行ってきた。今日行ったのは Mt. RushmoreCrazy Horse だ。South Dakota
で一番有名な観光地である。大統領の顔の彫刻は、掘ってある山に対してもっと大きいものか
と思っていたが、結構端っこの方に掘ってあったので驚いた。Crazy Horse は現在も進行中の
彫刻で、完成まであとどの位かかるのか見当もつかない。出来上がっていないのにも関わらず
すごい人出だった。帰りは高速を使わずに裏道で行ってみようと考え、砂利道覚悟で進んだ
ら、途中で工事にあって大回りをさせられる羽目になってしまった。でも行く予定の無かった
Deadwood の町まで通ってきたので思わぬ観光となった。なにしろ砂利道の多いこの辺りは、
車の窓が閉まっていてもなんだか鼻の中がムズムズするくらい埃っぽかった。
本日走行距離164マイル。

030530
Colorado に移動。Wyoming の大草原を通り抜け、山岳地帯に突入。Wyoming の草原地帯は
すでに標高が5000ftあり、かなり起伏も激しかった。ところが Colorado に入った瞬間標高は変
わらないが、平地になった。すぐ横には Rocky Mountains があるのにも関わらずだ。驚いた。
山の頂上にはまだ雪がたくさん残り、大変綺麗である。ここには10日前後滞在の予定であ
る。本日走行距離427マイル。

030601
DZ に行ってきた。しかし・・・飛行機が壊れていて飛んでいなかった。日曜日なのに。天気もそ
んなに良くなかったので飛んではいないと思っていたのだが、まさか飛行機が壊れているとは
思わなかった。水曜日に飛ぶらしいのでそれまで暇になってしまった。良いこともあった。昔ハ
ワイで一緒だったインストラクターがここで働いていることがわかった。水曜日には会えるか
な?と期待しつつ帰りに Longmont の町で昼食をとった。「Noodles & Company」という店なの
だがこれが結構当たりだった。麺の専門店で、日本のうどんからパスタ、タイの麺まで何でもあ
り、おいしかった。もう一度来てみようと思えるお店だった。本日走行距離100マイル。

030602
久しぶりに日本食材の買い出しに行った。Florida で買い出しをしてから随分経っているので、
またしても沢山買ってしまった。Denver はさすがに日本人が住んでいるらしく、何ヶ所か日本
食スーパーがある。その中でもダウンタウンにある「さくらスクエア」というところは看板まで日
本語ででっかく書いてある。その中に食材店がある。それと、せっかく Denver まで来たのだか
らと思い、日本食レストランを探し行ってみた。「Denverで一番おいしいお店」とあるところへ行
ってみたが閉まっていた。金・土・日しか開いていないらしい。そこでもう1軒探し、行ったところ
「Sushi Den」というお店だ。住宅街の中にあるような店だが、結構繁盛しており、すしバー、
テーブル席それにお酒用のバーがある。お客さんはほとんど外人だったが、おかしかったのは
お客さんの1人が、窓の外を歩いている犬の散歩をしている人とガラス越しにジェスチャーで話
をしていた。本当に近所の人なんだな、と思わせる1場面であった。
本日走行距離110マイル。

030606
Mile-Hi Skydiving で飛んできた。先週から4回通ってようやく飛べた。今日から CASA Boogie
である。しかし天気が悪くなってしまい結局8,000ftまでしかあがれなかった。明日に期待しよ
う。ここのDZは思ってもみなかった知り合いが沢山いることが判明した。マニフェストのオフィ
スで書類の手続きをしていると急に後ろから名前を呼ばれたり、他のDZであったインストラク
ターも覚えていてくれて話に花が咲いた。そして夜は昔からの知り合いのインストラクター、
Brandon と一緒に彼の住んでいる Boulder という町の寿司屋に行った。この町は山の麓にあ
る大きめの町で、大学があるため若者が多い。町自体はお店も豊富にあり、かなりこ洒落た
町並みである。その後知り合いの経営するという店に行ってただビールをご馳走になって帰っ
てきた。本日走行距離100マイル

030610
Utahに向けて出発。道のりは長い。この旅3度目の Wyoming 通過である。今日は途中で泊ま
った。しかし、今日の移動は今までの中で一番大変だった。標高8,640ftを最高に、7,000
ft以上の場所をひた走ってきた。おまけに天候がひどかった。まるで悪魔でも出てくるのではな
いかというような雷雨に見舞われながら走ってきた。向かい風がひどく、下り坂でもスピードは
出ない。うちの車は排気量8000ccもあるのにも関わらず、下り坂でも50マイルまで落ちてしま
う。これ以下の車だったら前進できないのではないかと思うくらいすごい風だった。ようやくキャ
ンプ場に入っても、風のため家が揺れている。追い風だったらよかったのに・・・。

いつも飲料水は2.5ガロンのポリタンクで買っているのだが、今回の山越えで3つのうちふた
つが破けてしまった。山越えの前に空気を抜いておくべきだった。
本日走行距離324マイル。

030611
Utah に到着。Salt Lake City の北側、Ogden という町だ。この町にDZがある。偶然にもキャン
プ場から2マイルしか離れていなかった。このキャンプ場の標高は4,900ft。随分と下ってき
た。今日も向かい風だったが下り坂がほとんどだったのでそんなにスピードも落ちず、快調な
走りであった。しかし景色がすごかった。ずーっと草原地帯を走ってきたと思ったら、途中から
岩山の間をすり抜けるように走る。周りには11,000ftクラスの山々が連なり、その間をぬっ
て走るためにカーブが増える。制限速度も遅くなり、道路と並行して鉄道も走っている。よくこん
なところに道と鉄道を造ったものだ、とちょっと感動しながらの移動であった。
本日走行距離180マイル。

030613
Skydive Ogden で飛んできた。DZに行くとき道路から King Air と Caravan が停まっているの
が見え、近づいてみてびっくり。この King Air どこかで見覚えがあるぞ!?と思ったら
Titusville Florida から来ていた。不思議がっているとそこに King Air のオーナーがいたので確
信した。ちょうどこの週末だけ飛行機を貸しに来ていたそうだ。ラッキー。週末は King Air で飛
べそうだ。しかもこの飛行機全米中で一番速い上昇率を持っている。のろ Caravan よりうれし
い。

030617
この週末はずーっとDZに行っていたが、水曜日まで開いていないので Salt Lake City まで出
掛けていった。目的はまたもや日本食。各都市の日本食の食べ歩きをしているような気がす
る。オリンピックをしたくらいの大都市だから沢山あるだろうと思いきや、あまり見つからなかっ
た。日本食スーパーすしバーに行ってきた。夕方から天気が悪く今にも降りそうな空模様に
なっている。天気は悪くても9時頃まで明るいのは勘弁して欲しい。本日走行距離90マイル。

030619
Idaho に移動。徐々に標高が下がってきた。今日の移動は始め追い風でスムーズに行った。
Idaho といえばジャガイモ。ナンバープレートにも「FAMOUS POTATOES」と書いてある。と思っ
てジャガイモ畑の中を走ることを期待して移動してきたが、ものすごく沢山という感じではなかっ
た。どちらかといえば山ばかりという感じだった。もちろんスキーも有名なので山はあるのだ
が、途中は New Mexico かと思うような殺伐とした風景が続いて意外だった。絶対 Idaho 産の
ジャガイモを食べるぞ、と楽しみにしている。
本日走行距離332マイル。

030621
Skydive Idaho で飛んできた。現在いるキャンプ場は飛行機の音が聞こえるくらい近くなので上
がっていることを確認してから出掛けていった。もちろん聞こえるのは King Air の音。先週に
引き続き Skydive Space Center, Florida の飛行機が来ていることは確認済みである。エアバ
ンドをチェックし、King Air の交信を聞いてからのんびりと行った。以前ハワイで一緒に働いて
いた友達と再会を果たし、気持ちいいジャンプをしてきた。しかし上空は寒かった。緯度的には
北海道である。手が凍えるようであった。もう6月も下旬にさしかかっているのにだ。みんな手
袋着用している中1人だけ半袖で飛んでいたオーナーの Brian には感服した。本日走行距離
10マイル。

030623
観光に行ってきた。と言っても別に有名?な場所ではないと思う。目的地は世界で初めて「ドッ
トコム」を町の名前にしたところだ。Idaho にいるのだが目的地は Oregon である。両方とも州
境沿いなのでこっちから行ってみたのだが結構行程が大変だった。この町は一時もてはやさ
れてはいたが、そんなに観光地化されてもおらず長閑な田舎といった風情だった。一応メイン
ストリートなどを通り、昼食をとって満足しただけである。それよりもここに行くまで(帰りも)の道
のりが大変だったのでそちらの方が印象深い。

行きは Idaho 側の対向車など滅多に来ない田舎道を穏やかに進んでいたが、事態は急変。
途中から Snake River の川沿いの崖っぷちを山の斜面に沿ったカーブの連続を落石に注意し
ながら進むこととなった。気の抜けない断崖絶壁を慎重に進んだ。川を渡り Oregon に入ると
そこから先は田舎の平らな道でちょっと安心。昼食を食べてフーッと一息。同じ道を帰るのは
能がないと、地図上で「Earth」と書かれた道なき道をショーットカットしようと思ったのが運のつ
きで、もっと気の抜けない道を通る羽目になってしまった。州境に横たわるぶっとい Snake
River の Oregon 側をガードレールもない連続したカーブの続く下りの砂利道、ちょっと下手す
れば、マジで谷底まっしぐらのような道を走ってきた。生きてて良かった・・・。
本日走行距離255マイル。

030624
Oregon に移動。いよいよ Mountain Time から Pacific Time の所まで来た。Oregon の中でも
西の方まで来たので、Idaho を出発し Oregon を横断してきた形になる。山越えをし、途中これ
が Oregon ?と思うような平原を抜け、西へ西へと来た。Washington 州との州境沿いを走って
きたが、またしても川沿いのくねくねとした道であった。違うのは、ここは高速道路だったこと、
そして川が Columbus River であること。景色は抜群に良かった。
本日走行距離382マイル。

030626
Skydive Oregon で飛んできた。Portland から南へ下ったところにある。天気も良く絶好のジャ
ンプ日和だった。帰りには Portland の日本食によるつもりで調べてから出掛けていった。調べ
てみるとものすごい数の日本食レストランがあるので、「あー、西海岸まで来たんだなあ」と実
感した。DZの帰りに寄るのでなるべく帰り道に近いところを探し、行ってみたらなんと回転すし
だった。さすが大都市、日本人が多いんだな、と変な感動をしながら食べてきた。本日走行距
離111マイル。

030630
Washington に移動。ここは前にも来たことがあるので数には入らないが、Montana に行く前に
時間つぶしのため寄った。2週間近く予定が空いてしまうのでとりあえず飛んでおこうという感じ
だ。日中はいいが夜は底冷えがするくらい寒い。もう7月になるというのにこの寒さは信じられ
ない。近くにある Mt. Rainier の山腹まで雪があることもうなずける。
本日走行距離184マイル。

030704
Kapowsin Air Sports で飛んできた。初めての場所ではなかったが相変わらず森林に囲まれた
DZであった。天気も良く日中は暖かいが、ちょっとでも日陰にはいると寒い。ここのDZは近所
にスカイダイバーを嫌いな人が住んでいるので色々とある。今回他のランディング場所もでき
ていたのでびっくりした。少しでも雲を通るとFAAに通報されるため、上空に上がってからどっち
のランディングエリアに行くかが決まる。雲が少しでもあると3マイル離れたもう一つのDZとな
る。毎ロードドキドキしている。

030708
せっかく Seattle にいるのだからイチローを見ようと野球観戦に行ってきた。野球の前に友人
が町中を案内してくれたので観光もしてきた。彼女は昔ハワイに住んでおり、現在はこっちで
仕事をしているのだが、偶然DZで再会し色々と案内してくれた。夕食を共にしその後私たちだ
け野球を見に行った。球場では日本人もかなり見かけた。場内放送が英語と日本語の両方あ
り、英語の方は男の人の声なのに日本語の方は女の人で日本の球場と同じウグイス嬢といっ
た感じだった。電光掲示板も日本語でいろいろ出る。これは結構笑えた。試合の方はイチロー
のホームラン+マリナーズの勝利であったが、球場に行ったのが遅くてホームランは見逃し
た。何しにいったんだか・・・。本日走行距離111マイル。

030715
いまだに Washington にいる。こちらで受け取るはずになっている荷物がまだ届かないのだ。
本当なら今頃は Montana に向かって移動を始めているはずなのに足止めをくっている。
しょうがないから日本食スーパーまで買い物に行ってきた。今回の目的は本だ。あちこちの州
でスーパーに行くとき古本などがあったら買って楽しみに読んでいるのだが、しばらく前に全て
読み尽くしてしまったので買いに行ってきた。今回は古本ではなかったのでかなり割高になって
しまった。あまり大きいスーパーも考えものだ。むしろこじんまりしたスーパーの方が古本など
も沢山あって良いかもしれない。本日走行距離120マイル。

030717
ついに移動を開始した。目指すは Montana である。Washington を西から東に横断し、その後
Idaho を通り抜け、Montana に入る。とりあえず今日は行けるところまで行くという予定だった。
荷物を受け取ってからの出発なので午後になってしまう。日が長いので暗くはならなかったがと
りあえず Idaho までたどり着いた。工事渋滞や上りの坂道で時間を取られはしたもののなんと
か進んだ。この後またもや山岳地帯突入が待っている。今日は早めに休み明日に備えよう。
本日走行距離337マイル。

030718
Montana に到着。盛りだくさんの移動であった。朝早めに出発して順調に進んでいたところ突
然渋滞に巻き込まれた。事故渋滞であった。パトカーが道を封鎖し、怪我人の救出。山と山の
間をすり抜けるように作られた高速道路なのでやってきたのはヘリコプター。おろすために反
対車線も封鎖し道に着地させた。トレーラーを引いているので他の車のようにUターンもでき
ず、ぼーっと待っていた。思ったより早く通れるようになったが、事故車は完全にひっくり返りぺ
っしゃんこだった。くれぐれも気をつけようと話しながら通過。その後同じ目に遭いそうになると
は夢にも思わずに。
Montana に入り高速道路をおりて途中から一般道になった。山と川の美しい景色を堪能しな
がら進み、さらに進むとまるで荒野のように景色が変化する。山が多いため目的地まではかな
り大回りをしなければいけない。それを嫌った旦那様が地図上で「砂利道」となっているショー
ットカットの道を進もうとした。前に South Dakota で地図上は「砂利道」でも道が無くなっていた
ところもあったので不安がよぎる。しかし強行に入っていった。道路標識は立ってはいるが何も
書いていない。標識はただの緑の立て看板と化していた。地図上では24マイルとあった。そん
な私たちの前をトラックが走っていたので道案内役に決めついていった。よくこんなところに道
を作った、というようなひどい道だった。トラックに近づきすぎると砂煙で何も見えず、離れすぎ
ると砂煙も見えずに不安になる。途中3台ほどの車とすれ違ったが、みんな「何でこんな道をト
レーラーが走っているんだ?」というようなびっくりした顔つきになる。当たり前だ。獣道のような
道なので上り下りも激しい。下りではトレーラーのタイヤがロックしてあわや横転、谷底に転落
というような危機もあった。普段車の中では1人でしゃべりまくっている私も無言となり、GPS に
映る到着予定の道路の影だけを見つめながら祈っていた。舗装道路に出たときは、決して綺
麗という道ではないのに氷の上を滑っているかのように感じた。文明のありがたさが身にしみ
る。
なんとか目的地に到着。DZ近くのキャンプ場の最後の1つのサイトを取れた。夕方になるとキ
ャンピングカーが続々とやってきたがもう空きはない。ほくそ笑みながら「朝早く出て怖い思い
をしながら急いできた甲斐があった」と話していた。しかし帰りには絶対通りたくないと主張して
いるが聞いてくれるだろうか?本日走行距離208マイル。

030719
Skydive Lost Prairie で飛んできた。今日から Lost Prairie Boogie である。ここで1週間を過ご
す。49州目の Montana は暑い。前々から美しいDZと聞いていたので楽しみにしていたが、確
かに秘境という感じはするものの ものすごく綺麗というわけではなかったのでちょっとがっかり
した。Boogie 初日の今日は、もっと混んでいるかと思いきや以外と空いていたのでびっくりし
た。明日からもっと増えるのであろうか?
とりあえず飛んだ後、あまりの暑さにテントを買いに40マイル離れた町まで車を走らせた。とて
もじゃないが日陰がなければ過ごせないような、強烈な暑さだ。今日は人んちのテントに紛れ
込んでいたがちょっと居づらい。おまけに砂埃がひどい。周りは砂利道ばかりなのでしょうがな
いが、1日過ごすと鼻の中が真っ黒になる。明日からはテントで快適に過ごせるよう期待した
い。

Boogie というのは懐かしい人達に会えるので楽しい。最近まわってきた州の人達や10年も前
に Lodi で会った人にも再会した。「あの人どこかで見た」と話していると、向こうから話しかけて
きたり、こっちから思い切って話しかけてみると以外とすんなり話ができる。やはり「この世界は
狭い」と実感する。本日走行距離85マイル。
030723
普段 Free Fly ばかりしていたが、ロードオルガナイザーに昔の知人がいたので、久しぶりに
Belly で飛んできた。あまり動きたくないので大きいのを期待していたが、この日は風がものす
ごく強く、飛んでいない人も多かったので、結局14way にしかならなかった。それでもそれなり
にできるので楽しかった。一番うれしかったのはオルガナイザーが Mad John だったことで、彼
とは10年ぶりの再会である。10年くらい前に Lodi に行ったことのある人なら誰でも知ってい
ると思う。ここで久しぶりに再会してから、どんなに遠くにいても私の名前と「こんにちはー」と言
う声が聞こえる。飛行機の中では昔話に花が咲いた。楽しい1日だった。

030726
今日が私たちにとっての最終日となった。Boogie は明日までだが最終日はどうせ誰もいない
だろうと思って土曜日を最後に選んだのだが、ここは少々勝手が違った。Boogie の最初の週
末はまばらにしか人がおらず、木曜日くらいからようやくニギニギしてきたのだ。状況を聞くと、
ここはいつもそんな感じで、最後の週末が一番人が集まるらしい。来ていた Sky Van など金曜
日からようやく飛び始めていた。
今日は残ったチケット1枚の消化の為だけに行ったのだが、こちらで知り合いになった Texas
の人達とおしゃべりをしていたら、ちょうど Women's state record のダートが始まるところで、
そこのオルガナイザーから名指しで呼ばれてしまった。結局飛ぶ予定のなかった私が飛んでし
まったのでもう1枚チケットを買い、もう一つの State record 挑戦である POPS にも参加。二
人とも違う内容ではあったけど、両方ともフォーメーションロードだったので楽しんできた。

030727
移動を開始した。今日の予定はとりあえず Washington までだ。この後 California にいる Tom
& Yukiko を訪ねる予定なのだが、計算してみると1000マイル以上ある・・・。目標3日である。
しかし今日はこの旅で一番悲惨な日であった。まだ Montana にいる間に左後輪のタイヤが突
然バーストした。しかもタイヤがちぎれてくれればいいのにちぎれなかったので、左のフェンダ
ーが損傷。べっこりとへこんだ。おまけにステップまで破壊してくれた。Montana に入ってから
砂利道ばかり走っていたのでかなりダメージを受けていたらしい。途方に暮れながらスペアを
つけ、ステップを外し他のタイヤをチェック。右前輪もバースト寸前であった。スペアは一つしか
ないので、だましだまし近くの町までなんとか進んだが、今日は日曜日、どこも開いていなかっ
た。しょうがないので高速道路の付近で探そうとさらに進んだが、何せ山奥である。小さな町ば
かりで修理ができそうな店もなければ、あってもどこも開いていなかった。高速道路を慎重に進
み、結局タイヤを買うことができたのは100マイル以上進んで IdahoWashington の州境近
くまで行ってからだった。予定外に時間を取られてしまったので、今日予定していた移動距離よ
りは随分と手前になってしまったがキャンプ場に入りほっと一息。疲れた一日である。
本日走行距離345マイル。

030728
Oregon に入った。前回通った道をまた走るのは気が進まないが、近道なのでしょうがない。今
日は順調に進んだ。昨日の分を取り返そうとひた走りに走った。途中 Portland の辺りで多少
の渋滞にあったがそれ以外は結構流れていた。日が長いので行かれる所まで行こうとがんば
った。途中休憩もせず、停まったのは給油だけで、昼御飯さえ車の中で食べながら進んだ。
と、いうのも山越えまではいかないものの、かなりの山道なので普通より時間がかかるため
だ。おかげでだいぶ California に近づいた。明日も今日と同じくらい走らなくてはならない。
本日走行距離472マイル。

030729
ついに California に到着。長い道のりだった。途中 Oregon と California の州境は山道でびっ
くりした。California に入ったらすっかり平面の道になると期待していたのに裏切られた気分
だ。あんな山岳地帯 Oregon にあげてしまえ!!と叫びながら走ってきた。道の上り下りは激
しく、エンジンの温度は上がりっぱなしなので心配しながら走ってきた。なにしろ上りの頂上付
近にはトラックの人達が路肩に行列を作ってオーバーヒートしたエンジンを冷やしていたから
だ。うちもいつああなるかと本当に心配だった。外の気温も十分高く、エアコンも最大にして走
ってきたので祈るような気持ちだった。無事にキャンプグラウンドまでたどり着くと、どっと疲れ
が出た。でもここには1週間いるので、しばしの休息という感じだ(洗濯物がたまってますー)。
本日走行距離427マイル。

030731
Skydance Skydiving で飛んできた。6年ぶりである。前回行った時は、山火事で高くまで上が
れなかったが今回は上がれた。上空から見ると「ああ California だ」と実感できる景色だっ
た。ここでハワイに来たことのある人と再会し、相変わらずこっちは覚えていなかったがあっち
は覚えていてくれたので一緒に飛んできた。すごく親切な人で、自分の使っているチームルー
ムを教えてくれて、そこにある冷蔵庫を自由に使っていいいなど、大変お世話になってきた。も
う忘れないからまたハワイに来たときは今度はお礼するからね、とちょっと反省した。
本日走行距離60マイル。

030801-030803
久しぶりに友人に会ってきた。ハワイで一緒に働いていた Tomと由紀子さんだ。彼らは 
California に移ってからはスカイダイビングはしておらず、ずーっとメールで連絡を取るくらいし
かできなかったのだが、4年ぶりに再会した。懐かしい思い出話に花が咲き、料理上手の由紀
子さんの手料理を堪能してきた。2泊していろいろとこの辺の遊びを案内してもらった。

2日は Lake Taho まで連れて行ってもらった。あいにくの天気だったので景色はいまいちと
いう感じではあったが、十分楽しんできた。Nevada にも行き、ついに Casino 初挑戦をして
きた。ここで判明したのがどうやらうちの夫婦は、ギャンブルには向いていないらしいということ
だ。この後の LasVegas が恐ろしい。

3日、ついに待ちに待ったウェイクボード挑戦の日である。何しろ彼らはボートを自分たちで所
有し、週末には二人でアウトドアライフを堪能しているというカップルである。カイトサーフィンを
している我がだんな様がトライしないわけはない。教えてもらいながら一緒に遊んできた。しか
し年には勝てず、すぐにバテてしまうのが難点であった。明日以降の筋肉痛が恐ろしい。

030804
Parachute Center で飛んできた。10年前に初めて来てからいつも思い出す懐かしいDZであ
る。変わっていなかったといいたいところだが、ハンガーは増え、一段と規模を拡大していた。
でも一つだけ変わっていなかったのはマニフェストにいるキャシーであった。彼女は本当にすご
いと思う。6年ぶりに行った私たちの名前をすぐに呼んでくれた時は、うれしくて涙が出そうであ
った。ビルも前より明るくなったように感じる。ここではちょっとしたハプニングもあったのだが、
それは California のページをご覧ください。本日走行距離90マイル。

030805
少しだけ南下した。移動距離も短く楽だった。3日間この辺りにいて観光とDZに行く予定だ。
高速道路5号線を南下してきたが、California とは思えないような乾燥地帯ばかりだ。黄色の
台地がどこまでも続いている。まるで Wyoming のような景色にびっくりした。
本日走行距離119マイル。

030806
Yosemite National Park ヘ行ってきた。最初の予定には入っていなかったのだが、Lake Taho
で 絶壁を見ながら感動していた私たちに、Tom & Yukiko が「もっとすごいから絶対見ておいた
ほうがいい」と勧めてくれたので行ってみた。行ってみてよかった。まるで別世界のようだった。
どうしてこんな岩山が存在するのかもわからない。大自然の驚異だ。ちょっとだけスカイダイビ
ング?にも関係ある場所なので行ってはみたかったものの、進路から外れていたので悩んで
いたのだが、やはり百聞は一見にしかず、本当に見てきてよかった。
本日走行距離253マイル。

030807
Skydive Monterey Bay に行ってきた。が、残念なことにラストロードが上がったあとだったの
で、飛べなかった。久しぶりに海の近くで飛べると思ったのに。

Los Banos から西へ向かう道中、何年か前、同じように二人でカリフォルニアのDZをセスナで
周った事を思い出す。California City からHollister に向かう時に、ちょうどこの上空をヘロヘロ
と飛んだ。Diablo 山脈を越えると一面の雲海だった。VOR(電波標識)でたぶんこの辺だろうと
見当をつけ、雲の小さな穴から高度を下げると山の上で、地面がすぐそこにあった。あわてて
高度を上げる。そうこうしているうちに燃料がなくなってきたので、助手席のSatomiに航空地図
を渡し、
「今この辺にいると思うんだけど、近くのガソリンスタンドのある飛行場を探せ。」
Satomiは、後ろから自分だけパラシュートを取り出し装着してから、あわてて探す。カリフォル
ニアはやたらと飛行場があるが、給油設備のないところも多い。
「山脈の東に出ればありそう。」
東側は、やはり雲ひとつない。山脈を越えれば後は下りなので、もういつエンジンが止まっても
大丈夫。何とか無事に、Los Banos に着陸できた。
Satomiはそれ以来、「A2Cの操縦する飛行機には絶対に乗らない。」と決めている。
030808
Calfornia City に移動。アメリカで初めて飛んだDZである。懐かしさがこみ上げる。と、ともに暑
さに参った。連日100度を超えている。吹いてくる風は熱風のみ。相変わらずの砂漠である。し
かもここでは10年ぶりくらいに当時をよく知る友達にあった。Donga&Moko夫妻である。もちろ
んここCal CityにはEmikoさんもいる。日本人スカイダイバーが一番お世話になった大恩人とも
いえる伝説のスーパーウーマンである(現在はパイロットとして全国を飛び回っているが)。これ
から数日は日本人村が形成されそうである。本日走行距離273マイル。

030810
懐かしのDZへ行ったところ、いきなりAFFの仕事を頼まれてしまった。週末だったので生徒が
多いのか、インストラクターが足りないのかよく判らないが、何しろお仕事ジャンプとなった。7年
ぶりのCalCityは今日も暑かった。しかもTwin Otterにも関わらず、かなり遅かった。1回で十分
と早々に引き上げてきてしまった。夕方から懐かしい面々とバーベキューをしようと誘われ、
Donga夫妻、Emikoさんと出掛けていった。昔話や近況報告をしあい、楽しいひと時を過ごした。
そしてCalCityにくると必ずやってくる風邪の二文字が徐々に体内に入ってきているのを感じて
いた。夏でも風引くかー!!と驚いている。

030814
CalCityで飛んできた。ここは朝が早い。飛行場にあるRVパークにいると、朝6時半にはファー
ストロードの音がする。まさかそんなに早くにはいかれないのでグダグダしていたら毎日ロード
に乗り損ねて今日になってしまった。日曜日に飛んだときはAFFだったのでビデオをつけてい
なかった。そのため今日までCalCityの所が書けずにいた。ようやく肩の荷がおりたような、ほ
っとした気分だ。

しかし本当に毎日暑い。しばらく使っていなかったカメラを車の中におきっ放しにしていたら、な
んとカメラケースが溶けていた。車の窓は取られるものもないと多少開けてあるのにも関わら
ずだ。普段ギアも車におきっ放しにしているが、毎日家の中に入れようと考え方を改めた。今
日はちょっと雲が出ているので日がかげっているが、毎日こう暑くては夏バテしてしまいそう
だ。

030815
Perris Valley Skydiving へ友人に会いに行ってきた。今回はJumpが目的ではない Perris へは
Nevada が終わった後にゆっくり来る予定でいる。半年ぶりに神田夫妻に再会。この旅を始め
る時と12月、そして今回と半年に1度は会っている。なぜか行くところにちょうど会える機会が
生まれるのだ。是非次回は Hawaii で再会といきたいものだ。
本日走行距離156マイル。

030817
Arizona から久保さんとGoki が帰って来るというので Perris で待っていた。予定を延ばして滞
在してしまったので家がどうなっているかちょっと心配だ。結局彼らが戻ってきたのは夜の9時
過ぎ、一緒に夕飯を食べその後ホテルの部屋で2時まで話し込んでしまった。400マイルの距
離を運転してきた Goki は寝てしまっていた。そりゃあ疲れているだろう。12本飛んだ後に40
0マイルの移動をしてきたのだから。しかし久保さんは元気である。明日は7時に出発だと言っ
ていた。9月の Free Fly の世界戦がんばって欲しい。

030819
ついに50州最後となる Nevada に移動。Cal City からは200マイルくらいと移動自体はそん
なに長距離ではない。今これを書いていて200マイルが長距離ではないと言っている自分に
驚いた。200マイルと言えば360Kmだ。でもこの距離は私たちにとって決して長いものでは
ない。この旅を始めてから500マイル以上走ったこともある。だんだん長距離になれてきてい
るのがわかる。

今日の移動は高速道路15号線をひたすら東に走るのだが、もうすぐ州境というところでひどい
事故渋滞に遭遇した。反対車線の玉突き事故であった。こちら側ではなかったので渋滞も少し
で終わったが、ちょうど工事中の高速での出来事なのでひどいことになっていた。渋滞している
列に大型のトラックが後ろから突っ込んだようである。車の上に車が乗り上げ、1台は中央分
離帯のコンクリートブロックの上にひっくり返っていた。工事中ということもあり、中央分離帯は
両側通行を仕切っているブロックとなっている。その上に車がはみ出しているのでこちら側も1
車線通行となって渋滞したのだ。しかも出口と出口の間がかなりある真ん中での出来事なの
で、後から後から車が来て渋滞の列はどんどん長くなっていった。トラックもつぶれ、ひっくり返
った車までいるのだからクレーンでもないと動かせない。彼らはこの炎天下の中あと数時間は
動けずにいるのだろう。つくづく事故は怖い、気をつけようと話していた。
本日走行距離222マイル。1ヶ月ぶりの雨がちょっとうれしい。

030821
Gravity Zone Las Vegas Skydiving で飛んできた。ついに50州全てで Skydiving を達成した。
約1年、Rantoul からスタートしてようやく終わった。大変だったようで、終わってみるとあっけな
かったようでもある。この「足跡と現在地」を読み返してみると、すでに遠い昔の出来事のような
気がする。いろいろなことがあったが、本当に楽しかった。
様々な形で応援、支援してくれた方々、各地のDZで出会った人々、みんな本当にありがとうご
ざいました。そして、旦那のつまらない”夢”につきあってくれた、つるちゃん、ありがとう。

最後のDZはC−206だったが、ジャンパーみんなでお祝いを言ってくれた。うれしい。張り切っ
て Case of Beer を出してきた。後はゆっくりRVを売ってハワイに帰るだけだ。明日からは観
光と Casino に行ってしばらくの間のんびりしたい。ばんざーい!!!!!
030822
Grand Canyon ツアーに行って来た。やはりメインランドでははずせない世界的観光スポットで
ある。先日 Cal City にいたとき、Jr.さんから見所のおすすめ情報を仕入れておいた。予定して
いたものより料金的にはかかってしまったが、十分堪能してきた。どうしてこんなものが地球上
に存在するのか不思議としかいえない。一度は見ておいた方がいいスポットの一つである。

030823
Skydive Las Vegas を見に行ってきた。なぜ飛んでいない?といわれるとここはファンジャンパ
ーを受け入れてくれないDZだからである。Nevada で唯一タービンの飛行機を使っているとこ
ろだが、タンデム専門として有名で、AFFをここで受けた人しか飛ばせてくれない。ただ現在知
り合いが働いているので挨拶がてら見に行ってきたのだ。そのあと居酒屋で夕食。Las Vegas
のメインストリートからかなり離れた場所にある「市座」という雰囲気も日本の居酒屋そのまま
のところだ。この辺に住んでいる日本人向けかな?というくらい観光客はいなかった。明日DZ
で再会した友人たちと寿司を食べに行くので、今日は刺身は我慢した。やはり日本食が一番
である。
本日走行距離120マイル。



 


 



戻る

copyright 2002; Atsushi Yamanaka:sky-dive@msn.com