INDIANA

Skydive Fort Wayne Kebdallville, IN 09/14/2002

Indianapolis の北東約150マイル、Kendallville とい
う町にあります。かつてはもう少し南にある Fort
Wayne にありました。名前の由来はそこから来てい
ます。飛行場は Kendallville の町中を2マイルくらい
北に行ったところにあるのですが、これが大変見つ
けにくくなっています。もし行く場合は町中で聞いた
方が早いです(標識等は一切出ていません)。使用
している飛行機は現在はC−182ですが、Caravan
を買う予定があるので長い Runway が必要となりこ
の町へ引っ越してきました。この飛行場では他に、
遊覧飛行や、グライダーも行っているので、専用の
建物があります。その建物の地下にパックエリアと
マニフェストがあります。みんなよく話しかけてくれま
す。基本的にRWをする人が多いので、仲間に入
ればすぐに打ち解けられます。この時は5wayをした
のですが、みんな回数的には300回くらいですが
大変上手いです。雰囲気は大変アットホームで、日
本で飛んでいた館林を思い出しました。大きいDZ
は回数は沢山飛べますが、それだけ人との関わり
が薄くなるような気がします。特に私たちのように1
日だけ行ってすぐに移動していくような通りすがりの
スカイダイバーには小さいDZで沢山話をしながらそ
の場の雰囲気を味わうことが大変楽しいと思いまし
た。その意味でも RW をやって良かったと改めて感
じました。パイロットも含め、本当にいい人ばかりな
のでお勧めのDZです。




スカイダイビング以外の話

・Indiana Speedway・
Indianapolis の市内にあります。地図にも載っ
ているので発見するのは簡単です。町中を走っ
ているだけで大きなスタンドがすぐに目に入り
ます。開催している日は大変な人混みでしょう
が、他の日は結構静かです。スタジアムの中に
博物館もあり、スタンドの下をくぐってコースの
内側に入ることができます。大昔の車や、実際
にレースで使用していた車等の展示があり、す
ごく面白いです。お決まりの写真撮影もレース
カーに乗っているところを撮ってくれるという物
がありました。
他に実際のコースをバスで走ってくれるというツ
アーもやっているようです。おみやげやさんもし
っかりありますのでレースが好きな人にはたま
らないかもしれません。


・馬車・
Goshen という町に私たちが買ったRVの
工場があるので行ってみました。土曜日
でしまっていたのですが、その道すがら
驚く物を見ました。馬車がたっくさん走っ
ているんです。しかも中に乗っている人が
みんな昔の西部劇のような格好をし
て・・・。あまりに何頭もの馬車とすれ違う
ので、この町の人は車に乗らずに馬車で
生活しているのかと思うくらいです。ちな
みにどのうちも馬を飼って馬車を持って
いる様子でした。それにしてもあの服装
は何なんだろうと不思議に思っていたの
ですが、その訳が途中でわかりました。
ちょうど町を上げての収穫祭の最中だっ
たんです。車で買い物に来ている人も西
部劇のような服装をしているのがかわい
かったです。


・RV工業地帯・
Goshen の町から北にある高速80号に向かう途中、RVのありとあらゆるメーカーの工場があ
ります。たまたま私たちのRVがこの町にメーカーがあるので来てみたら、次から次へとメーカ
ーが現れるではないですか!何で Indiana に集中しているのかはわかりませんが、知っていた
ら工場直売の物を買いに来ていたのにと、ちょっと口惜しくなりました。

・Day Light Saving・
日本語でサマータイムと言いますよね。アメリカの夏時間。Illinois から移動してきて、いよいよ
東部時間になると期待し、車中の話も Chicago で働いている人は大変だ、とか1時間損した気
になるとかそんなものでした。ところが実際キャンプ場に着いてみると、事務所の時計が
Chicago と同じなんです。うーん、気になってしょうがないので聞いて確認したところ、Hawaii と
同じように Indiana は夏時間を使用していないことが判明。つまり夏の間は Central Time と同
じとなり、10月の最後の土曜日を境に Eastern Time になるんです。どっちにしても紛らわしい
システムです。



RV パーク 情報
Lafayette A OK Campground
Indianapolis の北西40マイルくらいの Lafayette の町外れに
あります。高速65号線のExit168から西へ約6マイルくらい
の森の中にあります。ほぼ全てのサイトが木陰となっており、
さらに Pull Through (バックで入れずにまっすぐ駐車できる)
です。料金は、$22で Full Hook Up となっています。ここはRV
の預かり所もあり、長期間使用しないとき預かってくれます。
すぐ近くにはスーパーなどもあるので、生活しやすいキャンプ
場です。





戻る

copyright 2002; Atsushi Yamanaka:sky-dive@msn.com