CALIFORNIA



California City California City, CA 8/14/2003
A2Cがアメリカで初めて飛んだDZ。
 
LosAngelesから北に約2時間半くらい、CaliforniaCityにあります。現在は2つの会社に分かれ
ていますが使用している飛行機は一緒です。昔からあった大きなハンガーの方は、左側の看
板です。もう一つは飛行場の事務所の入り口付近となります。
このDZはA2Cがアメリカではじめて飛んだところであり、パイロットのライセンスもこの飛行場
で取りました。
使用している飛行機は Twin Otter とC-182,C-206ですが、現在は Taft で使用していた
King Air もあります。上空から見ると飛行場の周りは何もない砂漠です。その中に長い
Runwayが目立ちます。料金は$20です。朝の方が風がないため、6:30amから飛んでいます。
ランディングエリアは写真の中で、左側にある円形になったところです。二つありますが、上の
ハチマキをしたエイリアンみたいな顔をした方は違います。写真ではわかりづらいのですが、
エイリアンのハチマキの右側、道路がカーブしている辺りがエクスペリエンス用のランディング
エリアとなります。ただ、広い方にランディングした場合はピックアップの車が来ているので、
歩くのが嫌な人はそちらに行った方がいいでしょう。ここは標高が2,500ftという高地にあるた
め、キャノピーは割と速いです。
これは Twin Otter の名前の部分ですが、こ
れ、10年位前にA2Cが塗りました。もちろん
一人ではなく、その当時いた日本人みんなで
塗りました。いまでも塗り替えられていないと
いうのはちょっとうれしいです。




Lodi Parachute Center Lodi, CA 08/04/2003
Satomiがアメリカで初めて飛んだDZ。
国道99号線沿いにあります。Lodi の町から
北に位置します。この99号線は一見高速道
路のように見えますが、地図上はただの国道
です。Sacramento から南に1時間くらいで
す。出口に関しては現在番号をつけている最
中ですが、まだ完全についていないので何番
というのはありません。Lodi の町が近づいた
ら上空を見てください。パラシュートが見える
と思います。
使用している飛行機は、Beach99 と Twin Otter がメインですが、Beach99はしばらく使えな
いと思います。もうすぐ Twin Otter がもう1機増えるそうです。
上空から見ると周りをブドウ畑の緑に囲まれた中に、1区画だけ黄色く色の違うところが見えま
す。その1区画が飛行場となり、DC-3も飛べる大きな Runway が目立ちます。その中で緑に
見える部分がDZとなります。
ここは全米中で一番スカイダイビングの料金が安いことで有名です。タンデムスカイダイビング
の料金も10年前とちっとも変わらず、写真やビデオの料金もひときわ安くなっています。現在は
DVDのオーダーも受け付けています。
ここでは懐かしい人たちにたくさん会いました。オーナーのビルとキャシーをはじめ、昔ハワイ
で働いていた友達もいました。たった1日、しかも平日に行ってこんなに会えるとは思ってもい
なかったので、大変驚いたのと同時にうれしくなりました。
私たちは Beach99 で飛んできました。その後ハプニング発生。久しぶりのDZを堪能しようと
ラストアウトにしてもらい、ちょっと高めにパラシュートをあけのんびりとおりてきました。その私
たちの下をビルの操縦する飛行機は降りていきました。飛行機がファイナルに入ったところを
見て、私たちもちょうど着地するところでした。着地後ハンガーに戻ろうとしたところ、Runway 
に飛行機が変な形で停まっています。ちょうど友人が一人私達に会いにハンガーから出て来て
くれたのですぐに伝えると、血相を変えハンガーに飛び込んでいってしまいました。そうです、ク
ラッシュしていたのです。後から聞いた話によると、左側のランディングギアがロックせず、着
地と同時に引っ込んでしまったので左側のウィングから地面に突っ込んだようでした。もちろん
ビルは無傷で、その10分後には Twin Otter を出してきました。やっぱり Lodi、相変わらず
ビル、と変に感心してしまいました。

使用前

使用後




SkyDance SkyDiving   Davis, CA 07/31/2003
高速道路80号線から州道113号線に入り、
Road 29 でおり、西に向かいます。ホームペー
ジなどにも何マイルという表示はなく、ただひた
すら走ります。途中十字路があるのですが、そ
こも直進し、しばらくすると飛行場が見えてきま
す。看板なども出ていないのでちょっと不安にな
ると思いますが、Road 29 をずーっと走っていれ
ばたどり着けます。
使用している飛行機はC-182とCaravanで
す。平日はタンデムのお客さんがいなければ
C-182を使用することが多いようです。ただ
行った時は、ちょうどC-182がいなかったの
で、6人にも関わらずCaravanで飛ぶことがで
きました。
上空から見ると、北側には山や湖が見え、景
色のいいDZです。飛行場は Runway が長い
のでよくわかります。Runway には Yolo
County と書いてあるのが目立ちます。
ランディングエリアはBライセンス以上が飛行場
の中におりる事ができ、生徒やAライセンスの
人は北側にある少し離れた場所を使用していま
す。ランディングエリアのすぐ北側がシューティ
ングレンジとなっており、バンバン鉄砲を撃って
いるのでそこだけにはおりない様にした方が良
いと思います。多少の芝生はありますが、基本
的にダートです。チクチクする草がたくさん生え
ているので、ランディングで転ばなくてもサンダ
ルなどで飛んでいた場合は、歩いているだけで
擦り傷などを作りそうです。
6年前に来た時は、California 内部で大きな山火事があり、煙のため10,500ftまでしか上が
れませんでしたが、今回はきっちりと青空の中14,000ftから飛んできました。平日は飛行機
が空いてていいなと改めて実感しました。


Skydive Monterey Bay Marina, CA. 08/07/2003
国道1号線の Reservation Rd exit でおりて、東に
約5マイル、左手に飛行場があります。
実はここでは飛んでいないのです。行ってみたら
平日のため飛行機が上がらず、4人分払えばC-
206を上げてくれると言われたのですが、飛びませ
んでした。ちょっと後ろ髪引かれる思いです。
上空に上がれば太平洋も見えるはずなのですが、
飛んでいないのでわかりません。
通常使用している飛行機はC-206とTwinOtter
で、平日はC-206となります。料金は$20で、高
度によって変わります。18,000ftからのジャンプ
もあり、こちらは酸素付で$30となっています。
ランディングエリアは飛行場の東端を使用してお
り、車で移動します。周りをTaxiwayや駐車場に囲
まれたところです。行った時は風が20ノットくらい
吹いており、一人ビギナーがランディングエリアに
届かず、ショートしてフェンスに引っかかりそうにな
っていました。周りは広いのですが、アウトする場
所はあまりなく、舗装されているか未開の土地かと
いう風に極端に分かれています。この時期は、朝
夕は風が穏やかなものの、日中は強めに吹くそう
です。


Perris Valley Skydiving

Skydive Elsinore

Skydive Hollister

Skydive Hemet

SKYDIVE TAFT 現在はCalCityで活動しています。飛行場の関係で移ってきました。

SKYDIVE BYRON BAY



スカイダイビング以外の話
・California の遊び方・
Sacramento から少し東に行っただけでちょっ
とした山になります。標高も3000ftを超えるよ
うなところにたくさんの町があります。その町の
ひとつに私たちの友人である Tom & Yukiko
は住んでいます。周りを自然に囲まれた閑静な
場所にいますが、彼らはとても行動的で、夏は
二人でウェイクボードを楽しんでいます。ボート
を所有し、二人そろってお休みのときは湖に出
かけ、代わりばんこにボートを操縦しながら水
に入ります。この辺りには湖が大変多いため、
周りでもボートを所有している人は多いようで
す。そして水の冷たくなる冬はスキーに出かけ
ます。二人で一緒に楽しめる趣味っていいです
ね。


・Yosemite National Park・
州の真ん中辺の Nevada 寄りにあります。高速道路などはかなり遠く、この国立公園にたどり
着くまでもかなりの山道となります。途中の道ですでに大自然いっぱいという感じですが、公園
内は絶景としか言いようがありません。断崖絶壁あり、美しい滝ありと、感嘆の声しか出ませ
んでした。川を真ん中に挟み、両側に岩壁がそそり立っています。Base Jump で有名な El
Capiten は入ってしばらくすると見えてきます。こちらは頂上に行くまで、若い人で6時間くらい
のハイキングが必要です。体力がもたないので登ってはいません。同じく有名な Half Dome
は、公園の中でも一番奥のほうになります。どうしてこんな風にスパッと切った形をしているの
か、不思議としかいえませんでした。
公園に入るには入場料がかかります。7日間
まで有効の料金設定が一番安く($20)、1日
でも同じ料金がかかります。入り口で料金を払
い、狭い道をウネウネと進んでいくと、目の前
にどーんと岩壁がそそり立ちます。
ちょうどシーズン真っ盛りで、公園内にあるキ
ャンプ場は全ていっぱいでした。平日にもかか
わらず、いろいろな州から来た観光客であふ
れていました。


・Emikoさん&Jr.さん・
California Cityといえば思い浮かべるのが
このご夫婦ですね。
スカイダイビングでお世話になった方も多い
と思われますが、現在はDZにはいらっしゃ
いません。
Jr.さんの方はお仕事の合間、たまに呼ばれてインストラクターをしているようですが、Emikoさ
んはパイロットとして飛び回っているそうなので、時々しかCalCityにはいないそうです。7年ぶ
りにお会いしてもぜんぜん変わった様子がなく、本当に懐かしかったです。今後はSt.Louisの
方へ引越しされるようなのでちょっと遠くなってしまいますね。お会いするたびに永遠にEmiko
さんにはなれないなあ、と実感させられます。


・DongaさんFamily・
こちらも10年ぶりくらいに再会した懐かしい顔ぶ
れです。CalCityに飛びに来た事のある人は知っ
ているかもしれません。今年の夏は3週間をかけ
Californiaから東海岸までドライブ旅行をしてきた
そうです。またCaliforniaに戻ってきた時会いまし
た。走った距離は10,000マイルを越え、みんなを
驚かせていました。RikuちゃんNaoちゃんもとって
も元気のいい子供たちです。しかし小学生で全
米旅行とはなんて贅沢なんでしょう・・・うらやまし
い。


・飛行機置き場・
Mojaveといえばよく映画の1シーンに出てくる飛行
機の駐機場が有名です。飛行場に所狭しと沢山
の飛行機がおいてあります。だだっ広い砂漠のこ
と、道路からでもよく見えます。会社名の入ったも
の、真っ白い見た目は新品の飛行機。
この飛行機たちは使用済みなのか、それとも出番
待ちなのか、区別はつきにくいものの、あれだけ
の数が忽然と砂漠に現れると圧倒されます。残念
なことに撮影はしていませんでした。


・派手な事故・
高速道路15号線を走っているとき遭遇した事
故です。過去にも何度か事故の現場に遭遇し
たことがありますが、今回の事故が一番派手で
した。ちょうど出口と出口の真ん中辺で起こり、
高速道路と平行に走っている道路もないため、
後続車は迂回することもできません。しかも手
前の出口を封鎖してこれ以上車が来ないように
する、などの配慮がされていないため、どんど
ん渋滞の列が長くなっていました。大型トラック
の前がぺしゃんこに潰れていたりして、動かす
のにはクレーンが必要そうでした。炎天下の
中、後続車の人たちはこのあと何時間待たさ
れるのでしょうか?



RV パーク 情報

Sacramento metropolitan KOA
高速道路80号線の West Capital Ave. でおり、南
に1/2マイルのところにあります。サイトは全部で1
29あり、そのほとんど全てが Pull Thru, Full Hook
Up となっています。電話のあるサイトもあるので大
変便利です。料金は$32と少し高めですが、電話
やケーブルテレビが付いているので仕方がありま
せん。東西南北どちらに行くのにも大変便利なロ
ケーションにあり、夏は State Fair がある時など、
予約でいっぱいになります。


Santa Nella RV Park
高速道路5号線の Santa Nella Exit をおりて西に1
/4マイルのところにあります。サイトは全部で85あ
りますが、住んでいる人も多くいるので使用できる
サイトは35となります。全てのサイトが Pull Thru,
Full Hook Up で、コンクリートで整備されているの
で見た目はは大変きれいです。ただ、もし隣に他
のRVがいた場合はかなり狭いです。料金は$21
です。周りには特に観光地もなく、高速道路から本
当に近く便利がいいので、Over Night の人が多い
ようです。


Cal City Airport RV Park
その名の通り CalCity の飛行場にあります。7年
前に来た時はなかったような気がしますが、今回
はDZに一番近いRVパークに入れたのでラッキー
です。料金はFull Hook Upで$10とかなり安めで
す。ただ、住んでいる人が多く、電気のフックアッ
プを2ヶ所以上使用している人がほとんどなので、
アンペアの低いところでも空いていればラッキーと
いう感じです。飛行機の離着陸がよく聞こえるの
で、飛んでいるかどうかもすぐにわかり大変便利で
す。


戻る
戻る


copyright 2002; Atsushi Yamanaka:sky-dive@msn.com